映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ウインドトーカーズ

アクション監督ジョン・ウーが戦争映画で見せる男の友情劇とは?

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

第2次世界大戦下のサイパン島。日本軍と激しい銃撃戦を繰り広げるアメリカ海兵隊のジョー・エンダーズ(ニコラス・ケイジ)は、特殊な言語を操るネイティブ・アメリカンのナバホ族の暗号通信兵の1人ベン・ヤージー(アダム・ビーチ)の護衛と暗号の秘密を守る任務を任される。多くの兵士が命を落とす中、心に傷を持つエンダーズはヤージーによって癒され、友好を深めていく。しかし、ヤージーが敵の捕虜になる危険が生じれば、どんな犠牲を払っても暗号を守らなければならないという極秘司令も下されていたのだった…。



■解説

『男たちの挽歌』で男同士の絆を描き、香港ノワールというジャンルを確立させ、『フェイス/オフ』『M:I-2』でハリウッドでも不動の地位を確立した人気監督ジョン・ウーが満を持して挑む戦争映画が本作。第2次世界大戦で多くのアメリカ軍の暗号が日本軍に解読されていた中、解読不可能と言われたナバホ語による暗号。当時、ナバホ族が暗号通信兵として活躍していたという事実をよりドラマチックに脚色した本作では、人種差別の問題や、仲間を守ろうとする勇気、いったい何の為に戦っているのかという疑問が描かれている。

ジョン・ウー監督とは『フェイス/オフ』で共演したニコラス・ケイジや『ブロークン・アローン』のクリスチャン・スレーターが再び顔を列ね、2人の暗号通信兵をそれぞれが守るという役割を果たすアメリカ兵士を演じている。

  • 2002年8月24日 より 丸の内ルーブルほか全国松竹・東急系にて

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ(2002)
    • ジャンル:
    • 戦争
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジョン・ウー (John Woo)
脚本 ジョン・ライス (John Rice) ジョン・バッティーア (Joe Batteer)
製作総指揮 C・O・エリクソン (C. O. Erickson)
製作 ジョン・ウー (John Woo) テレンス・チャン (Terence Chang) トレーシー・グラハム (Tracie Graham) アリソン・ローゼンワーグ (Alison Rosenzweig)
撮影 ジェフリー・キンボール (Jeffrey Kimball)
美術 ホルガー・グロス (Holger Gross)
音楽 ジェームズ・ホーナー (James Horner)
編集 スティーヴン・ケンパー (Steven Kemper) ジェフ・グロウ (Jeff Gullo) トム・ロルフ (Tom Rolf)
字幕 松浦美奈 (Mina Matsuura)

■キャスト

俳優名 役名
ニコラス・ケイジ (Nicolas Cage)  Joe Enders
アダム・ビーチ (Adam Beach)  Ben YaHzee
ロジャー・ウィリー (Roger Willie)  Charlie Whitehorse
クリスチャン・スレーター (Christian Slater)  Ox Henderson
ピーター・ストーメア (Peter Stormare)  Hjelmstad
ノア・エメリッチ (Noah Emmerich)  Chick
マーク・ラファロ (Mark Ruffalo)  Pappas
マーティン・ヘンダーソン (Martin Henderson)  Nellie
ブライアン・ヴァン・ホルト (Brian Van Holt)  Harrigan
フランシス・オコナー (Frances O'Connor)  Rita
ウィリアム・モーツ (William Morts)  Fortino

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!