映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • エイゼンシュテイン

天才映画監督エイゼンシュタイン、その激動の生涯を描く!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

921年、モスクワ。国内が混乱と飢餓に陥っていた頃、才能豊かな若きセルゲイ・エイゼンシュタインは演劇で頭角を現し、次に映画『戦艦ポチョムキン』によって世界で最も偉大な映像作家として賞賛されるようになる。その頃、権力を増しつつあったスターリンはセルゲイを利用しようとし、作品にも口を出し始める。そんな中、知識と技術を高めるため美青年・グレゴリーと共にハリウッド行きを許されたセルゲイ。そして次に行ったメキシコで“自由”ということを実感するのだが、この旅行からモスクワに戻ったセルゲイを待っていたのはスターリンの粛清による彼の愛した者の死だった。スターリンのお抱え映画監督になるしか、もはやセルゲイの生き延びる道はなかったのだった…。



■解説

天才映画監督、セルゲイ・エイゼンシュタイン。本作は彼の24歳から50歳までの半生を、ウィットに富んだセリフを交えリアルに描く。『戦艦ポチョムキン』や『イワン雷帝』は知っていても、それを監督したエイゼンシュタインという人物に関して知っている人は少ないのではないだろうか。そんなあなたにも、エイゼンシュタインがどのように考え、どのように生き、何を映像に残したかったのか、ということがよくわかる。

また実験的な映像は『オルランド』(サリー・ポッター監督)のアレクセイ・ロディオノフによるもので、見るものを飽きさせない。

  • 2002年8月3日 より シアター・イメージフォーラムにて

  • 配給:ツイン+スローラーナー
  • 製作国:ドイツ=カナダ(2000)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 レニー・バートレット (Renny Bartlett)
製作総指揮 ウォルフラム・ティッチー (Wolfram Tichy)
製作 マーティン・ポール=ハス (Martin Paul-Hus) レジーヌ・シュニット (Regine Schmid)
共同製作 トム・ラジーカ (Tom Lasica)
撮影 アレクセイ・ロジオーノフ (Alexei Rodionov)
プロダクション・デザイン スザンヌ・ディーリンゲル (Susanne Dieringer)
音楽 アレクサンダー・バラネスク (Alexander Balanescu)
録音 クロード・ラ・アヤ (Claude La Haye) ハンズ・ピーター・ストロブ (Hans Peter Strobl)
音響効果 レイモンド・フェルメッテ (Raymond Vermette)
編集 ヴィーク・フォン・カロルスフェルト (Wiebke von Carolsfeld)

■キャスト

俳優名 役名
サイモン・マクバーニー (Simon McBurney)  Sergei Eisenstein
レイモンド・カウルサード (Raymond Coulthard)  Grisha
ジャクリーン・マッケンジー (Jacqueline McKenzie)  Pera
ジョナサン・ハイド (Jonathan Hyde)  Meyerhold
バーナビィ・ケイ (Barnaby Kay)  Andrei
レニ・パーカー (Leni Parker)  Anya
ソーニャ・ヴァルゲル (Sonya Walger)  Zina
アンドレア・メイソン (Andrea Mason)  Elena
ティム・マクマラン (Tim McMullan)  Rak
イアン・バーソロミュー (Ian Bartholomew)  Pinkov

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!