映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 富江 最終章〜禁断の果実〜

不死の美少女、富江が巻き起こす戦慄のホラー、シリーズ第四弾がいよいよ登場!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

暗くてグズな高校生・登美恵(宮崎あおい)は、学校でもいじめっ子にからかわれる毎日。父・和彦(國村隼)は、亡くなった母の仏壇に手をあわせもしない。ある日、登美恵の前にひとりの美しい少女(安藤希)が現れる。彼女もまた、富江と名乗った。美人で奔放なもうひとりの「とみえ」に急速に引かれていく登美恵だったが、彼女を自宅に招いた日、父・和彦が驚きの目を向ける。それは、25年前、和彦が愛した女性「富江」にそっくりだったのだ。富江は、次第に和彦に近づいていく…。



■解説

人気のホラーコミック「富江」の映画化シリーズで、菅野美穂、宝生舞、酒井美紀が演じてきた、美少女「富江」の待望の第四弾が登場した。物語は、過去にまつわる因縁が引き起こす恐怖を描いた幻想譚。今回の「富江」役は、すっと伸びた鼻筋と眼元のほくろが妙に色っぽい安藤希。均整の取れた美しさが、不気味に冷たい表情を見せている。

一方、いじめられっ子の登美恵を、幼さの残る宮崎あおいが対照的に演じ、2人の微妙な友人関係が妖しく表現されている。首だけにされた富江の、まるで何事もないかのような物の言いや、成長していくグロテスクな体もホラーだが、さらに怖いのは、段々と正気を失っていく國村隼の放心の表情。決して終わることのない恐怖を、じんわりと掻き立てている。

  • 2002年6月29日 より 銀座シネパトスにて

  • 配給:大映
  • 製作国:日本(2002)
    • ジャンル:
    • ホラー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 中原俊 (Shun Nakahara)
脚本 藤岡美暢 (フジオカヨシナガ)
原作 伊藤潤二 (イトウジュンジ)
企画 武内健 (タケウチケン) 加藤東司 (Toji Kato)
製作 土川勉 松下順一 (Junichi Matsushita)
プロデューサー 清水俊 (シミズシュン) 尾西要一郎 (オニシヨウイチロウ) 東康彦 (アズマヤスヒコ)
協力プロデューサー 相原英雄 (アイハラヒデオ)
撮影 鈴木一博 (スズキカズヒロ)
美術 金田克美 (カネダカツミ)
音楽 TATSUYA (タツヤ)
主題歌 安藤希 (アンドウノゾミ)
録音 中山隆匡 (ナカヤマタカマサ)
音響効果 丹雄二 (タンユウジ)
照明 上妻敏厚 (コウヅマトシアツ)
編集 宮島竜治 (ミヤジマリュウジ)
スタイリスト 小倉久乃 (オグラヒサノ)
製作担当 小松功 (コマツイサオ)
助監督 久保朝洋 (クボトモヒロ)
スクリプター 増田実子
スチール 中岡美樹
VFXスーパーバイザー 小田一生 (オダイッセイ)
VFXプロデューサー 大野丈晴 (オオノタケハル)
テクニカルディレクター 小林謙一 (コバヤシケンイチ)
CGディレクター 高山滋史 (タカヤマシゲフミ)
特殊メイクディレクター 岡野正広 (オカノマサヒロ)

■キャスト

俳優名 役名
安藤希 (アンドウノゾミ)  富江
宮崎あおい (Aoi Miyazaki)  橋本登美恵
國村隼 (Jun Kunimura)  橋本和彦
藤本由佳 (フジモトユカ)  京子
二宮綾香 (ニノミヤアヤカ) 
太田千晶 (オオタチアキ)  智子
渡辺哲 (Tetsu Watanabe)  鈴木
斉藤亮太 (サイトウリョウタ)  若い頃の橋本和彦
藤間宇宙 (トウマソラ)  田島雅夫
坂田雅彦 (サカタマサヒコ)  製氷会社の客
森崎よしえ (モリサキヨシエ)  登美恵の母
趙タミ和 (Tamiyasu Cho)  智子の恋人
吉末明仁 (ヨシマツアキヒト)  スカウトマン
田村泰二郎   管理人
松本じゅん (マツモトジュン)  公園のおばさん
榛里佳  

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!