映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ダスト

  • PG-12

人は何のために生きるのか……。ミルチョ・マンチェフスキーが語り継ぐ壮大な人間ロマン

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ニューヨークのアパートへ盗みに入ったエッジ(エイドリアン・レスター)は、老婆・アンジェラ(ローズマリー・マーフィー)に拳銃を突きつけられる。逃げようとするエッジを座らせ、アンジェラはある物語を語りだした。時は1900年、土くれたアメリカ西部。銃の名手・ルーク(デヴィッド・ウェンハム)はフランス人娼婦・リリスに恋をするが、彼女はルークの弟・イライジャ(ジョセフ・ファインズ)と結婚してしまう。孤独に戸惑うルークは、革命に荒れるマケドニアへと旅立った…。



■解説

21世紀目前のニューヨーク、20世紀が始まったばかりのアメリカ西部からマケドニアへ、地理的にも時間的にも異なる空間が、この物語では交互にリンクしながら語られていく。変わりゆく時代に翻弄されながら生きる意義を探し求めるルークと、彼の物語に自然に触れあい、惹かれていくエッジ。そして、語り手であるアンジェラと奇妙に親しんでいくエッジの物語を見守る観客。

この世界には、いくつもの語るべきストーリーがある。アンジェラの物語はエッジによって新しく語り継がれ、さらにその物語は監督によって、そして観客によって語り継がれる。時代が変わり、人がダスト(塵)に戻っても、こうして物語は語り継がれていくのかもしれない。そこに物語のロマンがある。

  • 2002年7月13日 より 恵比寿ガーデンシネマにて

  • 配給:松竹
  • 製作国:イギリス=ドイツ=イ(2001)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ミルチョ・マンチェフスキー (Milcho Manchevski)
脚本 ミルチョ・マンチェフスキー (Milcho Manchevski)
製作 クリス・アウティ (Chris Auty) ヴェスナ・ジョヴァンスカ (Vesna Jovanoska) ドメニコ・プロカッチ (Domenico Procacci)
撮影 バリー・アクロイド (Barry Ackroyd)
美術 デイヴィッド・マンス (David Munns)
音楽 キリル・ジャコウスキー (Kiril Dzajikovski)
音楽監修 ピーター・バルドック (Peter Baldock)
録音 ルビー・グベール (Roby Guver)
編集 ニック・ガスター (Nic Gaster)
衣装デザイン アン・イェンドリツコ (Anne Jendritzko) アン・クラブトリー (Ane Crabtree) メタ・セベール (Meta Sever)
字幕 太田直子 (Naoko Ota)

■キャスト

俳優名 役名
ジョセフ・ファインズ (Joseph Fiennes)  Elyja
デイヴィッド・ウェンハム (David Wenham)  Luke
エイドリアン・レスター (Adrian Lester)  Edge
アンヌ・ブロシェ (Anne Brochet)  Lilith
ニコリーナ・クジャカ (Nikolina Kujaca)  Neda
ローズマリー・マーフィー (Rosemary Murphy)  Angela
ウラード・ヨハノフスキ (Vlado Jovanovski)  Teacher
サラエティン・ビラール (Saletin Bilal)  The Major
ヴェラ・ファーミガ (Vera Farmiga)  Amy
マシュー・ロス (Matthew Ross)  Stitch
メグ・ギブソン (Meg Gibson)  Bone
タメール・イブラヒム (Tamer Ibrahim)  Kemal
ルイス・グッダール (Louise Goodall)  Young Angela
ウラディミール・ヨセフ (Vladimir Jacev)  Spase
ウラディミール・ジョルジョスキ (Vladimir Gjorgjijoski)  Enver
ゾーラ・ゲオルギーバ (Zora Georgieva)  Maslina
ヨルダン・シモノフ (Jordan Simonov)  Iorgo
ヨシフ・ヨシフォフスキ (Josif Josifovski)  Priest
ジョー・モッソ (Joe Mosso)  Church Bell
サンドラ・マクレーン (Saundra MacClain)  Nurse

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!