映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ワンス・アンド・フォーエバー

ベトナム戦争に参加した元米兵士の史実に基づいた原作を、壮大なスケールで描く戦場ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ベトナム戦争初期の1965年11月14日。米陸軍中佐ハル・ムーア(メル・ギブソン)は率いる400名の部隊は、ベトナムのイア・ドラン渓谷「X-レイ」地点に辿り着く。しかし、敵は想像以上の人数で、彼の部隊は2000人の北ベトナム兵に取り囲まれ苦戦をしいられてしまう。四方八方から銃弾が飛び交う地獄絵巻きの戦場でムーア中佐は、部下である若き兵士達を家族の元へ送り返したいと立ち向かうのだった…。



■解説

およそ15年にわたったアメリカ史上最も長い戦争、ベトナム戦争。アメリカでは5万9000人弱にのぼる戦死者を出し、多くの兵士や遺族が心に深い傷を負った。ベトナムの指導者ホー・チ・ミンを支援する中ソ勢力を警戒したアメリカが軍事支援を開始し、起こったこの戦いは意味のない戦争だったのでは? といわれている悲劇の戦争。本作は実際にこの戦いで指揮をとっていたハル・ムーア中佐と、戦場カメラマンとして前線に飛び込んだUPIの特派員ジョー・ギャロウェイによる原作を映画化したまさに実話。思わず目を覆いたくなるような悲惨な戦場、追い詰められた人々の狂気、そして恐怖心。

それだけでなく母国で夫の帰りをひたすら待つ妻の姿。今までベトナム戦争を題材にした映画が多く製作されたが、本作では、敵側の感情や姿も描いている。地下基地で戦略を練る北ベトナム軍の指揮官の冷静な態度。愛する妻の写真を日記帳にはさみ、胸ポケットに入れているベトナム兵の姿。さらにはそんなベトナム兵の妻までスクリーンに登場する。これにより、待つ人の苦しみはどこの国の兵士も一緒で、何よりも戦争により悲しみが生まれるということを描いている。戦争の悲惨さに衝撃を隠せないエンタテインメント性の高い戦争映画だ。

  • 2002年6月22日 より 全国東宝洋画系にて

  • 配給:ギャガ=ヒューマックス
  • 製作国:アメリカ(2002)
    • ジャンル:
    • 戦争
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ランダル・ウォレス (Randall Wallace)
脚本 ランダル・ウォレス (Randall Wallace)
原作 ハル・ムーア (Harold G. Moore) ジョー・ギャロウェイ (Joseph L. Galloway)
製作総指揮 ジム・レムリー (Jim Lemley) アーン・L・シュミット (Arne L. Schmidt)
製作 ブルース・デイヴィ (Bruce Davey) スティーヴン・マケヴィーティ (Stephen Mceveety) ランダル・ウォレス (Randall Wallace)
共同製作 ダニエル・レモン (Danielle Lemmon) ステファン・ザポトクツィー (Stephen Zapotoczny)
撮影 ディーン・セムラー (Dean Semler)
美術 トム・サンダース (Tom Sanders)
音楽 ニック・グレニー・スミス (Nick Glennie Smith)
編集 ウィリアム・ホイ (William Hoy)

■キャスト

俳優名 役名
メル・ギブソン (Mel Gibson)  ハル・ムーア
マデリーン・ストウ (Madeleine Stowe)  ジュリー・ムーア
グレッグ・キニア (Greg Kinnear)  プルー・スクランドール
サム・エリオット (Sam Elliott)  ベイジル・プラムリー
クリス・クライン (Chris Klein)  ジャック・ゲイガン
ケリー・ラッセル (Keri Russell)  バーバラ・ゲイガン
バリー・ペッパー (Barry Pepper)  ジョー・ギャロウェイ
ドン・ズオン (Don Duong)  アン

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!