映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 実録・安藤組外伝 餓狼の掟

拳ひとつでのし上がった伝説のヤクザ・花形敬。哀川翔がその生き様を、スクリーンで体現する!!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和20年代、戦後の混乱が続く時代。秩序が乱れ、貧困に喘ぐ日本では、戦争孤児や復員兵、特攻隊の生き残りなどが“愚連隊”となり、我が物顔で街を闊歩していた。そんな中、渋谷の愚連隊から組織された渋東興行・通称“安藤組”は、次々に縄張りを拡大して行く。安藤組最大の立役者、花形敬は拳ひとつで“素手コロ”として名を馳せる。その破天荒な生き方は、敵対する組織を、ことごとく壮絶な戦いへと巻き込んでいった…。



■解説

派手なスーツを着、高級外車を転がして、独特の美学の中で生きる“ヤクザ”。私たちは、ヤクザを恐れながらも、一種の憧れの気持ちを抱いているのではないだろうか。健さんの時代から、『極道の妻たち』まで、ヤクザ映画は日本の映画史に連綿と息づいている。

己の拳のみを武器に“素手ゴロ”と呼ばれた伝説の男・花形敬も、皆に恐れられながらも憧れられる、“伝説のヤクザ”の一人である。今回、哀川翔が演じるこの役は、88年にも『疵』として陣内孝則主演で映画化されている。この『実録・安藤組外伝 餓狼の掟』では哀川翔がその壮烈な生き様を体現。アウトローとしてしか生きられなかった男の美学や欲望を、鮮烈に表現している。

  • 2002年4月13日 より 新宿東映パラス3ほか全国にて順次公開

  • 配給:東映ビデオ
  • 製作国:日本(2002)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 梶間俊一 (カジマシュンイチ)
脚色 田部俊行
企画 安藤昇 (アンドウノボル)
企画協力 伊藤源郎 (イトウ)
製作 黒澤満 (クロサワミツル)
プロデューサー 小島吉弘
プロデューサー補 榊田茂樹 (サカキダシゲキ)
撮影 仙元誠三 (Seizo Sengen)
美術 山崎秀満 (ヤマザキヒデミツ)
装飾 柳沢武 (ヤナギサワタケシ)
音楽 古賀義弥 (コガヨシヤ)
音楽プロデューサー 石川光 (イシカワコウ)
録音 曽我薫 (ソガカオル)
音響効果 原田千昭
照明 井上幸男 (イノウエ)
編集 西東清明 (サイトウキヨアキ)
衣裳 江橋綾子 馬場恭子 (ババキョウコ)
選曲 薄井洋明 (ウスイヒロアキ)
進行主任 小林智裕 (コバヤシトモヒロ)
助監督 隅田靖
スクリプター 長谷川まゆみ
スチール 阿部昌弘

■キャスト

俳優名 役名
哀川翔 (Sho Aikawa)  花形敬
今井雅之 (Masayuki Imai)  伊沢辰夫
大河内奈々子 (オオゴウチナナコ)  久保奈津子
渡辺裕之 (ワタナベヒロユキ)  安藤昇
青田典子 (アオタノリコ)  伊沢加須美
安藤昇 (アンドウノボル)  現代の安藤昇
小西博之 (コニシヒロユキ)  坂崎孝治
木村栄 (キムラサカエ) 
浜田学 (ハマダマナブ)  永山健作
永倉大輔 (ナガクラダイスケ)  谷岡浩
武野功雄 (タケノイサオ)  大野重久
本田博太郎 (Hirotaro Honda)  神崎
堀田眞三 (ホッタシンゾウ)  池田庄三
並樹史朗 (Shiro Namiki)  辻本秀臣
弓恵子 (ユミケイコ)  花形知枝
小林勝彦 (コバヤシカツヒコ)  屋台の親爺
小林三三男 (コバヤシミツオ)  山本秀二
鷹城佳世 (タカシロカヨ)  華江
殺陣剛太 (Gota Tate)  人斬りジム
水谷ケイ (ミズタニケイ)  志麻子
小林成男 (コバヤシシゲオ)  不破一夫
城春樹   池田組の幹部
岡田祐一 (オカダユウイチ)  山平
細川孝雄 (ホソカワタカオ)  書生
村上竜司 (ムラカミリュウジ) 
町田政則 (マチダマサノリ)  酒井哲士
西山宗祐 (ニシヤマソウスケ)  三木
明石きぶし (アカシキブシ)  穂積
勝矢 (Katsuya)  笹村
坂本勇一郎 (サカモトユウイチロウ)  チンピラ
石田哲也 (イシダテツヤ)  警官
須藤為五郎 (スドウタメゴロウ)  花屋の店主
佐藤真弥 (サトウシンヤ)  玩具を盗む少年
八百原寿子   産婆
須賀良 (スガリョウ)  露天商の親爺
松山彰二郎 (マツヤマショウジロウ)  キャバレーの店長
野口翔馬 (ノグチショウマ)  久保明夫
伊藤拓也 (イトウタクヤ)  子供時代の花形
佐藤哲 (サトウテツ)  広田
千田孝康 (センダタカヤス) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!