映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • セッション9

全米で噂の廃墟スポット・ダンバーズ精神病院の朽ちた病棟に、狂気の影が漂うサスペンス

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

19世紀後半、当時最も美しい建物として注目されたダンバーズ精神病院には、人員をはるかに超える患者が収容され、現在禁止されているショック療法やロボトミーが行われていた。1985年に閉鎖され廃墟となっていたこの建物が公共施設に改修されることになり、ゴードン(ピーター・ミュラン)ら5人の男が仕事にとりかかる。当時の面影を不気味に残す広大な「城」で、信頼し合っていた男たちの間に奇妙な溝が生まれ始める。その時、すでに狂気は幕を開けていた…。



■解説

廃墟となった病院、かつて行われていた非人道的な治療、心を病んだ人々……作り話でも充分恐ろしいのに、この病院が実在の廃屋で、全米のWEBサイトで数々の血なまぐさい逸話が紹介されているというのだから、まさにホンモノの恐怖だ。戦慄の物語を運ぶのは、かつてここに収容されていた患者444番の診療テープ。多重人格であった患者メアリーにまつわる22年前の悲劇が、そこにいる人間の病んだ心とシンクロしていく。

5人の男たちに何が起こっているのか……それはここに書くことはできないが、単なる幽霊話では終わらない、生きた人間に巣食う闇の部分に触れるような生臭さ、とだけ書いておこう。真実が明らかになるラストには、思わずまばたきが止まる!

  • 2002年6月22日 より シネマスクエアとうきゅうにて

  • 配給:アミューズピクチャーズ
  • 製作国:アメリカ(2001)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ブラッド・アンダーソン (Brad Anderson)
脚本 ブラッド・アンダーソン (Brad Anderson) スティーヴン・ジェヴドン (Stephen Gevedon)
製作総指揮 ジョン・スロス (John Sloss)
製作 デイヴィッド・コリンズ (David Collins) ドロシー・アウフィエロ (Dorothy Aufiero) マイケル・ウィリアムス (Michael Williams)
撮影 ウタ・ブリーゼヴィツ (Uta Briesewitz)
美術 ドクター・ロジャー・ダンチック (Dr.Roger Danchik)
音楽 クライマックス・ゴールデン・ツインズ (Climax Golden Twins)
音楽監修 バリー・コール (Barry Cole) クリストファー・コヴァート (Christopher Covert)
音楽プロデューサー カルソン・ダリー (Carson Daly)
編集 ブラッド・アンダーソン (Brad Anderson)
衣装デザイン エイミー・イー・マッキュー (Aimee E. Mccue)
キャスティング シーラ・ジャッフェ (Sheila Jaffe) ジョージアン・ウォーケン (Georgianne Walken)

■キャスト

俳優名 役名
ピーター・ミュラン (Peter Mullan)  Gordon Fleming
デイヴィット・カルーソ (David Caruso)  Phil
スティーヴン・ジェヴドン (Stephen Gevedon)  Mike
ポール・ギルフォイル (Paul Guilfoyle)  Bill Griggs
ジョシュ・ルーカス (Josh Lucas)  Hank
ブレンダン・セクストン・サード (Brendan Sexton III)  Jeff
チャールズ・ブロデリック (Charles Broderick)  Security Guard
ロニー・ファーマー (Lonnie Farmer)  Voice of Doctor
ラリー・フェッセンデン (Larry Fessenden)  Craig McManus
ジュリアン・ヒューズ (Jurian Hughes)  Voice of Mary Hobbes
シーラ・ステイサック (Sheila Stasack)  Voice of Wendy

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!