映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 日雇いデカ

警察がパートタイム刑事を雇い、東大出のエリートがヤクザに就職。そんな刑事とヤクザの攻防が今、始まる!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

パートタイムの刑事、通称“日雇い”はある朝ひとつの電話で叩き起こされる。署に出向くと同じくパートタイムの刑事、ニッキーとブラックも呼び出されていた。なにやらヤクザの長坂組がドラッグがらみの事件に関わっているようなのだ。一方、東大を出たヤスは長坂組の新入構成員となり、組長にも可愛がられていた。長坂組ではコンピューターを使ったビジネスを始め、それは通称“バイオ”が任されている。しかし、組長がビジネスに没頭している間に、ヤスは組長の妻と不倫をしてしまう。それが組長の知るところとなり、ヤスの立場は危うくなる。そこに日雇い刑事らが関わって事態はますます複雑に…。



■解説

本職は別にあり、呼び出された時だけ刑事をするという“日雇いの刑事”という発想が興味をそそる。そんなパートタイムの刑事や、ヤクザたちは一風変わった面々ばかり。そんな濃いキャラクターを演じるのは、これまた濃い役者さんたち。ヤスにはTVでもよく顔を見る阿部サダヲ(劇団大人計画)。バイオには脚本家、演出家としても大活躍の宮藤官九郎(劇団大人計画)。“日雇い”にはマルチライブ集団HIGHlEG JESUの今奈良孝行。

そんな彼らをまとめ上げたのは、CMやビデオクリップなど多彩な活躍ぶりが注目の映像作家・奥秀太郎。デジタルカメラを用い、ゲリラ的に全ての撮影を行ったという映像はライブ感あふれている。全編にギャグが散りばめられ、気心知れた仲間との遊び感覚いっぱいの作品に仕上がっている。

  • 2002年4月27日 より テアトル新宿にてレイトショー

  • 配給:スローラーナー
  • 製作国:日本(2002)
    • ジャンル:
    • コメディ

■スタッフ

監督 奥秀太郎 (オクシュウタロウ)
脚本 奥秀太郎 (オクシュウタロウ)
製作 萩原朱貴子 (ハギワラアキコ)
撮影 奥秀太郎 (オクシュウタロウ)
美術 小越朋子 (コゴシトモコ) 竹内聡 (タケウチサトシ)
音楽 奥秀太郎 (オクシュウタロウ)
照明 古賀聖子 (コガセイコ)
編集 奥秀太郎 (オクシュウタロウ) 斎藤由貴子 (サイトウユキコ)
助監督 奥村さやか (オクムラサヤカ) 田中翼 (タナカツバサ) 吉田りえ (ヨシダリエ)
アニメーション 稲森栄敬 (イナモリ)

■キャスト

俳優名 役名
今奈良孝行 (イマナラタカユキ)  日雇い
阿部サダヲ (Sadao Abe)  ヤス(安藤貴司)
宮藤官九郎 (Kankuro Kudo)  バイオ
河原雅彦 (カワハラマサヒコ)  ニッキー
皆川猿時 (ミナガワサルトキ)  組長
中坪由起子 (ナカヅボユキコ)  姐さん(むつこ)
猫背椿 (ネコゼツバキ)  竜子
荒川良々 (Yoshiyoshi Arakawa)  バンジー
森本訓央 (モリモト)  イタリア
山田伊久磨 (ヤマダイクマ)  フランス
岸潤一郎 (キシジュンイチロウ)  ブラック
政岡泰志 (マサオカヤスシ)  裏辻警察署長
野村朋子 (ノムラトモコ)  婦人警官
新井友香 (アライユカ)  女監察医K子
半田孝男 (ハンダタカオ)  床屋
千木良悠子 (チキラユウコ)  女子高生
熊谷芙佐子 (クマガイフサコ)  高校生の竜子
栗原優海 (クリハラユウミ)  ヤスの息子
栗原夏代 (クリハラナツヨ)  ヤスの妻
彗星紀彦 (スイセイノリヒコ)  チンピラ
村松規幸 (ムラマツノリユキ)  チンピラ
峰明大 (ミネアキヒロ)  チンピラ
珊瑚始 (サンゴハジメ)  チンピラ
島崎章 (シマザキアキラ)  チンピラ
小林秀美 (コバヤシヒデミ)  チンピラ
森下剛士 (モリシタツヨシ)  チンピラ
紺谷洋平 (コンヤヨウヘイ)  チンピラ
有坂大志 (アリサカダイシ)  チンピラ
広岡定憲 (ヒロオカサダノリ)  チンピラ
渡辺ともこ (ワタナベトモコ)  ニッキーの女
山之内奈穂子 (ヤマノウチナホコ)  ニッキーの女
奥野理恵 (オクノリエ)  ニッキーの女
辻梨子 (ツジリコ)  ニッキーの女
加藤恵美 (カトウエミ)  ニッキーの女
梅村貴志 (ウメムラタカシ)  ニッキーの子分

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!