映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • シャドー・フューリー

近未来、クローン技術によって生まれた最強のファイターとバウンティー・ハウンターが繰り広げる、激突バトル!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

マッド・サイエンティストが造り出した恐るべきクローン人間、タケル。博士は自分を追い出したバイオ・コングロマリットに復讐するため、この驚異の肉体を誇る殺人マシーンを暗殺に送りだす。一方、会社側も手をこまねいてはいなかった。名うてのバウンティー・ハンターのマドセンを雇い、博士の暗殺に成功。しかしタケルを取り逃がしてしまう。マドセンは事件を追ううち、その裏にある会社の陰謀を知るのだった…。



■解説

この作品は映画ファンというより、格闘技ファンが注目を寄せる映画かもしれない。最強のクローン人間として造り上げられたタケルに扮するのは船木誠勝。格闘技集団パンクラスを創立し、2000年のヒクソン戦を最後に引退したツワモノだ。この映画では黒装束に日本刀で相手を切り倒すというアクションシーンを見せている。

その存在感において、船木はストーリー上の主役であるバウンティー・ハンター役のサム・ボトムズを食っていると言ってもいいだろう。またラストで船木と死闘を繰り広げるハイパークローンに、世界のトップ格闘家であるバス・ルッテンが出演しているのも、格闘技ファンには見逃せない。監督はTVシリーズ『パワーレンジャー』などを手がけ、アメリカで活躍している日本人、マコト・ヨコヤマ。

  • 2002年3月16日 より 新宿トーアにて

  • 配給:メディア・スーツ/アースライズ
  • 製作国:アメリカ(2001)
    • ジャンル:
    • アクション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 横山誠 (Makoto Yokoyama)
脚本 横山誠 (Makoto Yokoyama) エリック・コヤナギ (Eric Koyanagi)
原作 エリック・コヤナギ (Eric Koyanagi)
製作総指揮 村越隆 (Takashi Murakoshi) ジャンゴ・マルタ (Jungo Maruta) カイドー・ヤマダ (Kaido Yamada)
共同製作総指揮 スコット・ザカリン (Scott Zakarin)
製作 タカ・アライ (Taka Arai)
撮影 ブレイン・ブラウン (Blain Brown)
美術 ジョシュ・ミルヌ (Josh Milne)
音楽 シンノスケ・ソリマチ (Shinnosuke Sorimachi)
編集 ニナ・カワサキ (Nina KawasaKi)
衣装デザイン ティム・ニューマン (Tim Neuman)
キャスティング ドナ・ブラウアー (Donna Brower)
アソシエイト・プロデューサー 小池達朗 (Tatsuro Koike)
ライン・プロデューサー ディーン・ドノフリオ (Dean Donofrio)
その他

■キャスト

俳優名 役名
サム・ボトムス (Sam Bottoms) 
船木誠勝 (Masakatsu Funaki) 
アレクサンドラ・カンプ (Alexandra Kamp) 
バス・ルッテン (Bas Rutten) 
フレッド・ウィリアムソン (Fred Williamson) 
ノリユキ・パット・モリタ (Noriyuki Pat Morita) 
アラン・コールマン (Allan Kolman) 
カサンドラ・グレイ (Cassandra Grae) 
グレゴリー・バハニアン (Gregory Vahanian) 
ビリー・リーク (Billy Rieck) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!