映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 竜二 Forever

映画への情熱に衝き動かされ生きた男は、伝説となった。「竜二」の魂が、今スクリーンに甦る。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

小劇団の看板俳優・金子(高橋克典)は、突然辞めた演出家を継いで座長となるが、生活は苦しくなるばかり。いらだちまぎれに歩いた夜の街で、金子は閃いたようにメモをとる―「竜二」。こうして金子は、憧れていた映画の脚本を書き上げた。仲間の田中と石原を説得し資金繰りに走るが、無名俳優にかけられる期待は薄い。なんとかスタートした撮影も、困惑と不合理だらけで進んでいく。そして金子の体もまた、病に冒されていく…。



■解説

金子正次が主演した唯一の映画『竜二』。俳優として映画界に羽ばたくことだけを猛烈に目指し続け、その第一歩を果たしたとき、すでに彼はこの世にいない。19年後の現在、『竜二 Forever』として再現された本作は、金子正次の痛々しいほどドラマチックな熱情を刻々と描いている。こんな風に何かを追いかけられたら…そんな、誰しもが抱く思いを現実に突き通してしまった金子の、ひたむきで真っすぐなパワーが悲しいくらいに伝わってくる。

生前の活躍を、死んでから英雄と呼ばれる者は数多くいる。金子もまた、生きてスクリーンのスターにはなれなかった。けれど、金子の『竜二』は19年経った今も私たちに「待ってろよ」と言い聞かせ、新しい何かを見つめ、追い駆けさせてくれるような気がする。

  • 2002年3月2日 より シネアミューズにて

  • 配給:アミューズピクチャーズ
  • 製作国:日本(2002)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 細野辰興 (ホソノタツオキ)
脚色 細野辰興 (ホソノタツオキ) 星貴則 (ホシタカノリ)
原作 生江有二 (イクエユウジ)
製作総指揮 植村伴次郎 (Banjiro Uemura) 中村雅哉 (Masaya Nakamura)
企画 近藤晋 (コンドウ) 木村純一 (キムラジュンイチ) 見城徹 (ケンジョウトオル)
企画協力 白井政一 (シライマサカズ) 菊地昭典 (キクチアキノリ)
製作統括 早河洋 (ハヤカワヒロシ) 宮下昌幸 (ミヤシタマサユキ) 猿川直人 (サルカワナオト) 薬師寺衛 (ヤクシジ)
製作 豊忠雄 (ユタカタダオ) 上松道夫 (ウエマツミチオ) 泉英次 (イズミ) 瀬崎巖 (セザキイワオ)
プロデューサー 辻井孝夫 安村重幸 (ヤスムラシゲユキ)
音楽 籔中博章
音響効果 斎藤昌利 (サイトウマサトシ)
ラインプロデューサー 藤田義則 (フジタヨシノリ)
製作担当 甲斐路直 (カイミチナオ)
助監督 久保朝洋 (クボトモヒロ)
スクリプター 西岡容子 (ニシオカヨウコ)
スチール 池田岳史
殺陣 辻井啓伺 (ツジイケイジ)

■キャスト

俳優名 役名
高橋克典 (Katsunori Takahashi)  金子正次
香川照之 (Teruyuki Kagawa)  田中豊
石田ひかり (Ishida Hikari)  木村幸子
木下ほうか (Hoka Kinoshita)  石原範久
奥貫薫 (Okunuki Kaoru)  荻島慶子
高杉亘 (Ko Takasugi)  羽黒大介
堀部圭亮 (Keisuke Horibe)  ギンゾー
正司花江 (ショウジハナエ)  金子イネ
藤田傳 (フジタ)  角田栄一
水橋研二 (Kenji Mizuhashi)  辻孝史
田中要次 (Yoji Tanaka)  川尻
高橋明 (タカハシアキラ)  金子源蔵
桜金造 (サクラキンゾウ)  ギンゾーのマネージャー
笹野高史 (Takashi Sasano)  飲み屋「かねこ」の客
山之内幸夫 (ヤマノウチサチオ) 
坂田雅彦 (サカタマサヒコ) 
井澤健 (イザワケン) 
佐藤一平 (サトウイッペイ) 
西沢仁 (ニシザワヒトシ) 
佐藤功次郎 (サトウコウジロウ) 
岡村洋一 (オカムラヨウイチ) 
松木良方 (マツキヨシタカ) 
三島ゆたか (ミシマユタカ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!