映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • X−メン

人気アメリカン・コミックを映画化 超能力ミュータントたちが敵と見方に別れて壮絶な死闘を展開

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

遺伝子の突然変異により超人的パワーを手にしたミュータントたち。しかし、彼らはその特殊能力ゆえに、社会から疎外されてしまう。プロフェッサーXは、ミュータントと人類の平和的共存を願い、ミュータント・チーム”X−メン”を組織する。そして今、X−メンと悪のミュータント組織との人類存亡をかけた超能力バトルの幕が開く.



■解説

アメリカン・コミックの世界を映画化する際にビッグ・スターを起用すると、原作のイメージがぶち壊しになることが多い。例えば『バットマン』シリーズではミスター・フリーズにシュワちゃんを起用するなど、無理なキャスティングが目立った。マーヴェル・コミックの発行人を経て、マーヴェルメディアの名誉会長兼マーヴェル・コミックスの編集委員となったスタン・リー、マーベル・スタジオの社長アヴィ・アラドが製作総指揮に参加している『X−メン』は原作のムードを損なわないよう心がけられているのがいい。

善と悪の親玉にパトリック・スチュワートとイアン・マッケランというベテラン俳優を配し、白熱した演技合戦が荒唐無稽な物語を引き締めている。謎めいた過去を持つヒーロー、ウルヴァリン役にはダグレイ・スコットがキャスティングされていたが、『Mi:2』の撮影が長引いて出演不可能となり、急遽オーストラリア出身のヒュー・ジャックマンが起用された。でもこれは正解。ジャックマンの野性的な魅力が存分に生かされている。VFXシーンの鮮やかさは言うに及ばず。超能力ウォーズを背景にしながら、登場人物の内面のドラマにまで踏み込んでいるのが新鮮。このあたりがブライアン・シンガー監督のこだわりなのかもしれない。

  • 配給:-
  • 製作国:アメリカ(2000)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • SF/ファンタジー

■スタッフ

監督 ブライアン・シンガー (Bryan Singer)
脚本 デイヴィッド・ヘイター (David Hayter)
ストーリー トム・デサント (Tom DeSanto) ブライアン・シンガー (Bryan Singer)
エクゼクティブ・プロデューサー アヴィ・アラド (Avi Arad) スタン・リー (Stan Lee) リチャード・ドナー (Richard Donner) トム・デサント (Tom DeSanto)
製作 ローレン・シュラー・ドナー (Lauren Shuler Donner) ラルフ・ウィンター (Ralph Winter)
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル (Newton Thomas Sigel)
美術 ジョン・マイヤー (John Myhre)
音楽 マイケル・ケイメン (Michael Kamen)
編集 スティーヴン・ローゼンブラム (Steven Rosenblum) ケヴィン・スティット (Kevin Stitt) ジョン・ライト (John Wright)
衣裳 ルイーズ・ミンゲンバック (Louise Mingenbach)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
ヒュー・ジャックマン (Hugh Jackman)  Logan/Wolverine
パトリック・スチュワート (Patrick Stewart)  Xavier
イアン・マッケラン (Ian McKellen)  Magneto
ファムケ・ヤンセン (Famke Janssen)  Jean Grey
ジェームズ・マースデン (James Marsden)  Cyclops
ハル・ベリー (Halle Berry)  Storm
アンナ・パキン (Anna Paquin)  Rogue
タイラー・メイン (Tyler Mane)  Sabretooth
レイ・パーク (Ray Park)  Toad
レベッカ・ローミン (Rebecca Romijn)  Mystique
ブルース・デイヴィソン (Bruce Davison)  Senator Kelly
マシュー・シャープ (Matthew Sharp)  Henry Guyrich
ショーン・アシュモア (Shawn Ashmore)  Bobby Drake/Iceman

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!