映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ロック・スター

トリビュート・バンドのボーカルが、突如憧れのバンドに大抜擢!新しいスターの行く末は…。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

クリス(マーク・ウォールバーグ)は伝説のロック・グループ、スティール・ドラゴンの熱狂的なファンで、自分もそのトリビュート・バンドのボーカルをつとめている。クリスの歌声はスティール・ドラゴンのボーカル、ボビー・ビアーズのそれと聞き違えるほどみごとなものだ。そんなある日、自分のバンドから外されたクリスは、ビアーズの代役として本物のリード・ボーカルに指名される。熱狂的なファンから一躍スターとなったクリスは、夢のような世界に呑まれていく…。



■解説

ミュージシャンとして成功を夢見るものにとって、クリスがつかんだ幸運はまさにアメリカン・ドリーム。けれど実際は、クリスの歌はあくまでもボビー・ビアーズの「真似事」に過ぎない。いざ自分が本物のボーカルになった時、彼は自分がバンドの人形でしかないことに気づく。「本物」のアーティストになるためには、自分の声を探し、耳を傾けることが必要だ。それを学んでいくクリスの姿が印象的。

80年代ロックの魅力をふんだんに取り入れながら再現した華やかなセット舞台は見ごたえ充分。ストーリー自体もやや80'sなノリがあるし、キャストには実在のミュージシャンたちも加わって、熱い空気をたっぷり伝えてくれる。80'sロック好きにはたまらない一作。

  • 2001年10月6日 より 渋谷東急ほか全国松竹系にて

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:アメリカ(2001)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 スティーブン・ヘレク (Stephen Herek)
脚本 ジョン・ストックウェル (John Stockwell)
エグゼクティブプロデューサー スティーヴン・ルーサー (Steven Reuther) ジョージ・クルーニー (George Clooney) マイク・オクレント (Mike Ockrent)
撮影 ウェリ・スタイガー (Ueli Steiger)
音楽 トレヴァー・ラビン (Trevor Rabin)

■キャスト

俳優名 役名
マーク・ウォールバーグ (Mark Wahlberg)  Chris 'Izzy' Cole
ジェニファー・アニストン (Jennifer Aniston)  Emily Poule
ジェイソン・フレミング (Jason Flemyng)  Bobby Beers - Lead Singer Steel Dragon
ティモシー・オリファント (Timothy Olyphant)  Rob Malcolm - Guitarist Blood Pollution
ティモシー・スポール (Timothy Spall)  Mats - Road Manager Steel Dragon

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!