映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ≒森山大道 near equol moriyama daido

あのアラーキーをして「新しい写真の時代を作り出した男」と言わしめた鬼才写真家・森山大道の破天荒人生を追ったドキュメンタリー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

60年代後半から、写真界でそれまでタブーとされてきたブレやボケを使った作品で、一世を風靡してきた鬼才の写真家・森山大道。天才アラーキーこと荒木経惟をして「新しい写真の時代を作り出した男」と言わしめたほど、その作風は常に時代を切り開いてきた。これは、そのカリスマ的な存在であるにもかかわらずこれまであまり語られることのなかった森山大道の素顔を5ヶ月もの間、追いつづけたビデオ・ドキュメンタリーである。



■解説

森山の写真に対する姿勢の一つに、アマチュアリズムの肯定がある。彼はコンパクトカメラを持ち歩き、心を捉える被写体を次々収めていく。道具や技術にとらわれないそのスタイルは、報道写真から転向した60年代から一貫している。そんな創作スタイルに合わせて、ドキュメンタリーの方も、“誰でも撮れる”ハンディカム1台で、スタッフも1名という超アマチュア的なスタイルで作られた。

一見クールで近寄りがたい森山だが、カメラが追っていくにつれ、さまざまな顔を覗かせる。写真に対する生真面目な態度と、時折見せるいたずらっ子のような表情にはつい惹きこまれ、その眼は一体何を見つめているのか、つい気になってしまう。そんな森山大道の魅力がぎっしり詰まった力作だ。

  • 2001年9月29日 より シアター・イメージフォーラムにてレイトショー

  • 配給:ビー・ビー・ビー
  • 製作国:日本(2001)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー

■スタッフ

製作総指揮 榎本寛治 (エノモトカンジ)
企画 藤井謙二郎 (フジイケンジロウ)
製作 河合伴明 (カワイ)
撮影 藤井謙二郎 (フジイケンジロウ)
主題歌 忌野清志郎 (イマワノキヨシロウ) リトル・スクリーミング・レビュー (リトル・スクリーミング・レビュー)
編集 藤井謙二郎 (フジイケンジロウ)
オンライン編集 馬場秀夫 (ババヒデオ)
取材 藤井謙二郎 (フジイケンジロウ)

■キャスト

俳優名 役名
森山大道  
荒木経惟 (アラキノブヨシ) 
西井一夫 (ニシイカズオ) 
笠原美智子 (カサハラミチコ) 
サンドラ・フィリップス (サンドラ・フィリップス) 
猪瀬光  
山岸享子 (ヤマギシリョウコ) 
榊原斎 (サカキバラサイ) 
丹野清志 (タンノキヨシ) 
瀬戸正人 (セトマサト) 
大田通貴 (オオタミチタカ) 
境洋人 (サカイヒロト) 
伊島薫 (イジマカオル) 
野口浩史 (ノグチコウジ) 
中村悦子 (ナカムラエツコ) 
後藤啓太 (ゴトウケイタ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!