映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • インビジブル

最新SFXで甦る透明人間の恐怖! 悪の権威ポール・バーホーベン監督が描くモラルから解放された男の狂気!!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

透明人間というなんともレトロな香りのする題材を最新のVFXを駆使して映画化。監督は『ロボコップ』『トータル・リコール』『氷の微笑』のポール・バーホーベン。全編ヌードのオンパレードだった『ショーガール』とか、でかい昆虫が人間を切り刻む『スターシップ・トゥルーパーズ』なんて作品もある。だから、『インビジブル』だってありきたりの怪奇映画のハズがない。透明人間になった天才科学者がすることといえば、同僚の女性化学者へのセクハラ行為だったり、美女をレイプに及んだりとけしからんことばかり。しっかり”変態”入っているのが、いかにも彼らしい。



■解説

科学者のセバスチャン(ケビン・ベーコン)は国家最高機密に属する研究プロジェクトを率いていた。目標は人間を透明にすること。そして、ついに彼は生物の身体を透明にする血清を発明。自らが実験台となり透明人間となる。しかし、もとに戻れなくなってしまう。

全身に包帯グルグル巻きという従来の透明人間のイメージを吹き飛ばす全く新しいタイプの透明人間が登場。セバスチャンが透明人間へと変身していくシーンには度肝を抜かされる。皮膚や肉が溶け出し、心臓や内臓が丸見えとなり、血管も消えて骸骨となり、最後には何もかも消えてしまうのだ。
特殊撮影のため、青、黒、緑といった色を全身に塗りたくり、眼球全体を覆うコンタクトレンズを装着してケビン・ベーコンが熱演。後半は姿を見せないが、その存在感は最後まで際立っている。

  • 2000年10月14日 より 日比谷映画ほか全国東宝洋画系にて

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2000)
    • ジャンル:
    • ホラー
    • |
    • スリラー/サスペンス

■スタッフ

監督 ポール・バーホーベン (Paul Verhoeven)
脚本 アンドリュー・ダブル・マーロー (Andrew W. Marlowe)
原案 ゲイリー・スコット・トンプソン (Gary Scott Thompson) アンドリュー・ダブル・マーロー (Andrew W. Marlowe)
エクゼクティブ・プロデューサー マリオン・ローゼンバーグ (Marion Rosenberg)
製作 ダグラス・ウィック (Douglas Wick) アラン・マーシャル (Alan Marshall)
撮影 ヨスト・ヴァカーノ (Jost Vacano)
美術 アラン・キャメロン (Allan Cameron)
音楽 ジェリー・ゴールドスミス (Jerry Goldsmith)
編集 マーク・ゴールドブラット (Mark Goldblatt)
衣裳 エレン・マイロニック (Ellen Mirojnick)
字幕 稲田嵯裕里 (Sayuri Inada)

■キャスト

俳優名 役名
エリザベス・シュー (Elisabeth Shue)  Linda McKay
ケヴィン・ベーコン (Kevin Bacon)  Sebastian Caine
ジョシュ・ブローリン (Josh Brolin)  Matthew Kensington
キム・ディケンス (Kim Dickens)  Sarah Kennedy
グレッグ・グランバーグ (Greg Grunberg)  Carter Abbey
ジョーイ・スロトニック (Joey Slotnick)  Frank Chase
メアリー・ランドル (Mary Randle)  Janice Walton
ウィリアム・ディヴェイン (William Devane)  Dr.Kramer
ローナ・ミトラ (Rhona Mitra)  Sebastian's Neighbor

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!