映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • それいけ!アンパンマン/ゴミラの星

今年の夏も、愛と勇気と友情いっぱいの物語、アンパンマンとその仲間たちが大活躍するぞ!<BR><BR>

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ある日、アンパンマンたちの元にヤーダ星のお姫様、ヤーダ姫がやってきた。緑溢れる美しい星がいつの間にかゴミで一杯になってしまったため、助けを求めてきたのだ。アンパンマンたちは、ゴミが大好物な友達、ゴミラをつ連れてヤーダ星へと向かったが、なんとそこには、話を聞きつけ先回りしていたばいきんまんとゴミ怪獣ダストデーモンが待ち受けていた。倒しても倒してもゴミをかき集め再生するダストデーモン相手に、アンパンマンたちは大ピンチ!しかも、ダストデーモンの吐き出すゴミオキシンにやられて次々と泥人形にされ…。



■解説

今年で劇場用シリーズが13年目、同じくテレビ放映も13年目を迎えたアンパンマン。大ロングランを続けているそんな長い歴史の中でも、“愛と正義を貫く”という基本精神は、シリーズ開始当初から一貫して変わってない。今作も“愛と正義”を胸にアンパンマンと仲間たちが、スクリーン狭しと大活躍するぞ。

テレビシリーズにも度々登場するゴミラと、ヤーダ姫との間に芽生えた強い信頼と淡い恋心を軸に物語が展開。ゴミラが捧げる無償の愛の姿に、思わずホロリとしてしまうかも。ゴミ処理問題、環境汚染を含んだテーマで描かれたメッセージ性の強いこの作品は、子供だけでなく大人も楽しめるものに仕上がっている。同時上映は『怪傑ナガネギマンとやきそばパンマン』もお楽しみに。

  • 2001年7月14日 より 銀座テアトルシネマにてモーニングショー

  • 配給:東京テアトル=メディアボックス
  • 製作国:日本(2001)
    • ジャンル:
    • アニメーション
    • |
    • ファミリー/キッズ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 大賀俊二 (オオガシュンジ)
演出 奥脇雅晴 (オクワキマサハル)
脚本 米村正二 (ヨネムラショウジ)
原作 やなせたかし (Takashi Yanase)
企画 奥田誠治 (オクダセイジ)
製作 加藤俊三 (カトウ)
プロデューサー 山崎喜一朗 (ヤマザキキイチロウ) 小野利恵子 (オノリエコ) 尾崎穏通 (オザキ) 柳内一彦
絵コンテ 奥脇雅晴 (オクワキマサハル)
キャラクター・デザイン 前田実 (マエダミノル)
作画監督 前田実 (マエダミノル)
撮影 金井弘 (カナイヒロシ) トムス・フォト
デジタル撮影 ライトフット (ライトフット) トムス・フォト
美術 横山幸博 (ヨコヤマユキヒロ) 池上みどり (イケガミミドリ)
音楽監督 鈴木清司 (スズキセイジ)
音楽 いずみたく 近藤浩章 (コンドウヒロアキ)
音楽プロデューサー 山田慎也 (ヤマダシンヤ) 国分浩弥 千石一也 (センゴクカズヤ)
主題歌 ドリーミング
音響監督 山田智明 山田悦司
音響効果 糸川幸良 (イトカワユキヨシ)
編集 鶴渕允寿 鶴渕和子 (ツルフチカズコ)
制作デスク 小槌裕子 (コヅチユウコ)
特殊効果 林好美 山本公 (ヤマモトコウ)
色彩設計 金井照美 (カナイテルミ)
色指定 原田幸子 (ハラダサチコ)
出演(声) 戸田恵子 (Toda Keiko) 中尾隆聖 (ナカオリュウセイ) 酒井法子 (サカイノリコ) 高乃麗 (タカノウララ) 増岡弘 (マスオカヒロシ) 佐久間レイ (サクマレイ) 山寺宏一 (ヤマデラコウイチ) 山寺宏一 (ヤマデラコウイチ) 山寺宏一 (ヤマデラコウイチ) 鶴ひろみ (ツルヒロミ) 肝付兼太 (キモツキカネタ) 島本須美 (シマモトスミ) 柳沢三千代 (ヤナギサワミチヨ) かないみか 長沢美樹 (ナガサワミキ) 坂本千夏 (サカモトチカ) 坂本千夏 (サカモトチカ) 三ツ矢雄二 (ミツヤユウジ) 山本圭子 (ヤマモトケイコ) 山本圭子 (ヤマモトケイコ) 滝沢ロコ (タキザワロコ) 原えりこ (ハラエリコ) 中村ひろみ (ナカムラヒロミ) 藤井恒久 (フジイツネヒサ) 小野愛 (オノアイ) 藤川のぞみ (フジカワノゾミ) 照屋まみ (テルヤマミ) 鈴木葉月 (スズキハヅキ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!