映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 案山子/KAKASHI

ホラー・コミック界の巨匠、『富江』の伊藤潤二原作の、身の毛もよだつ和製ホラー・ムービー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

失踪してしまった兄のアパートを訪れたかおる(野波麻帆)は、兄の高校時代の同級生・泉(柴咲コウ)からの手紙を見つける。何か手がかりがあるに違いないと確信したかおるは、泉の住所である不来彼方村(こずかたむら)へ向かう。山奥にある泉の実家を訪ねるが、泉の姿はなく、両親に勧められてやむなく泊まることになる。そして、その夜、かおるは、村人たちが年に一度の祭で死者を復活させるためにかかしを作るのを目撃するのだった!



■解説

今やすっかりジャンルとして定着した和製ホラー・ムービー。ホラーといえば、伊藤潤二のコミックなくして語れないというほど、その恐怖のどん底に陥れるパワーはものすごい。『富江』シリーズや『うずまき』など、これまでにも数々の作品が映像化されており、この作品は、伊藤潤二のベストセラー短編集のうちの1篇にあたる。なんといっても怖いのは、山奥の小さな村に語り継がれる風習特有の、閉鎖的で怨念に満ちた組織ぐるみで仕組まれることの恐怖だ。まあ、かの有名な『八ツ墓村』を始めとして、山村での怨念がらみの恐怖モノは、ありがちといえばありがちなのだが。香港との合作という本作、以外や海外で大ブレイクする可能性あり!?

  • 2001年6月15日 より 渋谷シネパレスにてレイトショー

  • 配給:マイピック
  • 製作国:日本=香港(2001)
    • ジャンル:
    • ホラー

■スタッフ

監督 鶴田法男 (ツルタノリオ)
脚色 村上修 (ムラカミオサム) 玉城悟 (タマキサトル) 鶴田法男 (ツルタノリオ) 三宅隆太 (ミヤケリュウタ)
原作 伊藤潤二 (イトウジュンジ)
製作総指揮 楊受成 (ヨウジュセイ) 相原英雄 (アイハラヒデオ) 北村喜久雄 (キタムラキクオ) 川島晴男 (カワシマハルオ)
企画 相原英雄 (アイハラヒデオ) 尾西要一郎 (オニシヨウイチロウ)
プロデューサー 尾西要一郎 (オニシヨウイチロウ)
撮影 菊池亘 (Wataru Kikuchi)
美術 丸尾知行 (マルオトモユキ)
音楽 尾形真一郎 (オガタシンイチロウ)
録音 深田晃 (フカダアキラ)
整音 深田晃 (フカダアキラ)
音響効果 丹雄二 (タンユウジ)
照明 近守里夫
編集 須永弘志 (シナガヒロシ)
スタイリスト 小倉久乃 (オグラヒサノ)
アソシエイト・プロデューサー 唐銘基 (トウメイキ) 笠井正規 (カサイマサキ) 鈴木径男 (スズキツネオ) 盧聰明 (ロソウメイ)
製作担当 小松功 (コマツイサオ)
助監督 加藤文明 (カトウ)
スクリプター 小関ひろみ
スチール 中岡美樹
特殊メイク ピエール須田 (ピエールスダ)

■キャスト

俳優名 役名
野波麻帆 (Nonami Maho)  吉川かおる
柴咲コウ (Ko Shibasaki)  宮守泉
松岡俊介 (マツオカシュンスケ)  吉川剛
グレイス・イップ (Grace Yip)  サリー・チェン
河原崎建三 (Kenzo Kawarazaki)  宮守耕造
りりィ (リリィ)  宮守幸恵
有薗芳記 (アリゾノヨシキ)  野地周作
五十嵐瑞穂 (イガラシミズホ)  野地あゆみ
田中要次 (Yoji Tanaka)  巡査
ボブ鈴木 (ボブスズキ)  修理工
小柳友貴美   管理人
かじたにふみこ (カジタニフミコ)  老婆
森下能幸 (Yoshiyuki Morishita)  村人
小林勲 (コバヤシイサオ)  村人
高野弘樹 (タカノヒロキ)  村人
飯田邦博 (イイダクニヒロ)  村人
山中聡 (ヤマナカサトシ)  村人
堀文明 (ホリフミアキ)  村人
中村靖日 (Yasuhi Nakamura)  村人
猫田直 (ネコタナオ)  村人
三坂知絵子 (ミサカチエコ)  村人

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!