映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 点子ちゃんとアントン

有名児童小説をさわやかに映画化。明るい少女、点子ちゃんが元気をくれる!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

小学生の点子ちゃん(エレア・ガイスラー)は明るく活発な女の子。親友のアントン(マックス・フェルダー)は母子家庭で、ママを海の療養所へ連れて行くためにアイスクリーム屋で働いている。ママが仕事で不在がちな点子ちゃんにとって、愛情あふれるアントン親子はとてもうらやましい。久しぶりに帰ってきても家族を顧みないママに点子ちゃんの怒りは爆発。アントンを助けるために、ストリートパフォーマンスでお金を稼ぐという大胆な行動に走る。



■解説

原作は「ふたりのロッテ」「飛ぶ教室」などで知られるドイツの児童文学者エーリヒ・ケストナーの1930年代の作品。『ビヨンド・サイレンス』で注目された女流監督カロリーヌ・リンクが、古き良き時代の物語のテイストを損なうことなく現代的にアレンジして映画化。子供たちの生き生きとした姿、家族の絆を甘くなりすぎず、さわやかで、ときに痛快な笑いを交えて描き出す。

くるくると表情が変わる点子ちゃんがは、明るくてとてもエネルギッシュ。自分勝手なママをプールに突き落としたりする、思い切った行動が豪快だ。でも、お転婆なだけじゃなく、周囲を観察している冷静さも持ち合わせていて、けなげでまっすぐな瞳が印象的。

  • 2001年6月23日 より 恵比寿ガーデンシネマにて

  • 配給:メディア・スーツ
  • 製作国:ドイツ(1999)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 カロリーヌ・リンク (Caroline Link)
脚本 カロリーヌ・リンク (Caroline Link)
原作 エーリッヒ・ケストナー (Erich Kastner)
製作 ペーター・ツェンク (Peter Zenk) ウッシー・ライヒ (Uschi Reich)
撮影 トルステン・ブロイアー (Torsten Breuer)
美術 ズーザン・ビーリング (Susan Bieling)
音楽 ニキ・ラウザー (Niki Reiser)
編集 パトリシア・ロメル (Patricia Rommel)
衣裳 カタリーナ・フォン・マルティウス (Katharina Von Martius)
字幕 蒼井尚子 (アオイナオコ)

■キャスト

俳優名 役名
エレア・ガイスラー (Elea Geissler)  Annaluise
マックス・フェルダー (Max Felder)  Anton
ユリアーネ・ケーラー (Juliane Kohler)  Bettina Pogge
アウグスト・ツィルナー (August Zirner)  Richard Pogge
メーレト・ベッカー (Meret Becker)  Elli Gast
シルヴィー・テステュー (Sylvie Testud)  Laurence
グードルーン・オクラス (Gudrun Okras)  Dicke Bertha
ベンノ・フュルマン (Benno Furmann)  Carlos
ミヒャエル・ハーネマン (Michael Hanemann)  Professor Bremser
ヘルムフリート・フォン・リュッティヒャウ (Helmfried Von Luttichau)  Giovanni
トーマス・ホルツマン (Thomas Holtzmann)  Man in the Pawnshop

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!