映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • EUREKA ユリイカ

ハードカバー上下巻を思わせる3時間37分を緻密な構築力で見せきる、圧倒的ニンゲン叙事詩

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

浅野忠信主演の『Helpless』やARATA主演の『シェイディー・グローヴ』などで一部に熱狂的なファンを持つ青山真治監督が、白黒シネマスコープ画面で3時間37分という破格のスケールで描き出す叙事詩的な人間ドラマ。バスジャック事件に遭遇して生き残ったものの、多くのものを失った運転手と幼い兄妹が”生きること”のリアリティを取り戻すため、擬似家族を形成し、小さなバスで旅立つ姿を追っていく。



■解説

細やかな伏線を淡々と積み重ね、大きくて太い主題を構築していく手腕がとにかく圧倒的。音響設計も緻密かつ大胆で、シカゴ音響派の雄、ジム・オルークの同名曲が流れるシークエンスは日本映画史に残る名シーンといっても過言ではないほど。九州弁を披露し、かつてない魅力を放つ役所広司以下、俳優陣の力演も見ごたえあり。

  • 2001年1月20日 より テアトル新宿ほか全国にて

  • 配給:サンセントシネマワークス+東京テアトル
  • 製作国:日本(2000)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 青山真治 (Shinji Aoyama)
脚本 青山真治 (Shinji Aoyama)
製作 塩原徹 (シオハラトオル) 長瀬文男 (ナガセフミオ) 仙頭武則 (セントウタケノリ) 滝島優行 (タキシママサユキ)
プロデューサー 仙頭武則 (セントウタケノリ)
協力プロデューサー 八木廣 (ヤギヒロシ) 高野力 (タカノツトム) 有吉司
共同プロデューサー フィリップ・アヴリル (Philippe Avril)
撮影 たむらまさき (Masaki Tamura)
美術 清水剛 (シミズツヨシ)
音楽 山田勳生 (ヤマダイサオ) 青山真治 (Shinji Aoyama)
録音 菊池信之 (キクチノブユキ)
照明 佐藤譲 (サトウユズル)
編集 青山真治 (Shinji Aoyama)
衣裳 花谷律子 (ハナヤリツコ)
アシスタントプロデューサー 佐藤公美 (サトウクミ)
制作担当 益岡正志 (Masashi Masaoka)
助監督 七字幸久 (シチジユキヒサ)
スチール 桑本正士
特殊効果 小林正己 (コバヤシマサミ)

■キャスト

俳優名 役名
役所広司 (Koji Yakusho)  沢井真
宮崎あおい (Aoi Miyazaki)  田村梢
宮崎将 (ミヤザキワタル)  田村直樹
斉藤陽一郎 (サイトウヨウイチロウ)  秋彦
国生さゆり (コクショウサユリ)  弓子
光石研 (Ken Mitsuishi)  シゲオ
利重剛 (リジュウゴウ)  犯人
松重豊 (Yutaka Matsushige)  松岡
塩見三省 (Sansei Shiomi)  沢井義之
真行寺君枝 (シンギョウジキミエ)  田村美都
でんでん (Denden)  吉田
椎名英姫 (シイナエイヒ)  河野圭子
中村有志 (ナカムラユウジ)  田村弘樹
江角英明 (エスミヒデアキ)  沢井誠治
野間洋子   沢井清子
尾野真千子 (Ono Machiko)  沢井美喜子
井上肇 (イノウエハジメ)  市川
大関正義 (オオゼキマサヨシ) 
本多哲郎 (ホンダテツロウ)  ヒトシ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!