• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

いつもアンパンマン(戸田恵子)にやられているばいきんまん(中尾隆聖)。ある日、彼はアンパンマンの強さの秘密が勇気の花のジュースにある事を知る。一計を案じたばいきんまんは勇気の花の大地に向かう。そこでは、妖精リンリン(土屋アンナ)がたった一人で勇気の花を守っていた。だが、ばいきんまんにだまされたリンリンは、勇気の花を彼に任せて街に出かけてしまう。初めて訪れた街でアンパンマンと出会うリンリン。彼女が勇気の花の精と知ったアンパンマンの仲間たちも大歓迎。リンリンはみんなと仲良くなるが、突然彼女の背中の羽が小さくなってしまう。それは、ばいきんまんが勇気の花の大地をメチャクチャにしたためだった。このままでは勇気の花はすべてなくなって、リンリンも消えてしまう。アンパンマンはリンリンとともに勇気の花を求めて旅に出る。最初に訪れたのは砂漠の奥地。そこで二人はいきなり砂男に襲われる。砂漠を荒らされると勘違いしたためだったが、誤解が解けると砂男はお詫びに勇気の花を差し出した。しかし、それは何百年も前に咲いた花だったため、一瞬にして砂になってしまう。次に向かったのは氷の城。氷の女王や雪狼と戦って勇気の花を手に入れようとするが、氷柱の中にあった花は目の前で砕け散ってしまう。最後の望みを託し、死神山に向かうアンパンマンたち。そこで彼らの前に立ち塞がったのは、最強メカ・ズダダンダンに乗ったばいきんまん。ばいきんまんはアンパンマンたちの目の前で、岩陰に一輪だけ残っていた勇気の花を粉々にしてしまう。勇気の花のジュースなしでフラフラになりながら戦うアンパンマン。その姿を見たリンリンは、“勇気ってなに?やさしさってなに?”と自分の心に問いかけるのだった。



■解説

1988年の放送開始から20周年を迎えたTVシリーズと、20作目となる劇場版の記念作品。ばいきんまんに強さの源“勇気の花”を奪われたアンパンマンが、妖精リンリンとともに勇気の花を探す旅に出る。アンパンマン役の戸田恵子(「ザ・マジックアワー」)に加え、リンリン役で「下妻物語」の土屋アンナがゲスト出演。

  • 2008年7月12日 より

  • 配給:東京テアトル=メディアボックス
  • 製作国:日本(2008)

■スタッフ

監督 永丘昭典 (ナガオカアキノリ)
脚本 米村正二 (ヨネムラショウジ)
原作 やなせたかし (Takashi Yanase)
企画 奥田誠治 (オクダセイジ)
製作 松元理人 (マツモト)
プロデューサー 中谷敏夫 柳内一彦 吉野朋子 (ヨシノトモコ) 笠原陽介 (カサハラヨウスケ)
キャラクターデザイン 前田実 (マエダミノル)
作画監督 前田実 (マエダミノル)
撮影 川田敏寛 (カワダトシヒロ)
美術 石垣努 (イシガキツトム) 小山田有希 (オヤマダユキ)
音楽監督 鈴木清司 (スズキセイジ)
音楽 いずみたく 近藤浩章 (コンドウヒロアキ)
主題歌 やなせたかし (Takashi Yanase) 三木たかし (ミキタカシ)
音響効果 糸川幸良 (イトカワユキヨシ)
編集 鶴渕允寿 鶴渕和子 (ツルフチカズコ)
色彩設計 金井てるみ (カナイテルミ)
音響監督 山田知明 (ヤマダトモアキ)

■キャスト

俳優名 役名
戸田恵子 (Toda Keiko)  アンパンマン
中尾隆聖 (ナカオリュウセイ)  ばいきんまん
土屋アンナ (Anna Tsuchiya)  りんりん
藤井恒久 (フジイツネヒサ) 
葉山エレーヌ (ハヤマエレーヌ) 
夏目三久 (ナツメミク) 
鈴江奈々 (スズエナナ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!