• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

獣の力を感じ手にする“獣拳”は4000年の歴史を持つ拳法である。あるときを境に世界の平和を守る正義の流派「激獣拳ビーストアーツ」と世界の支配を目論む邪悪な流派「臨獣拳アクガタ」との2つの流派に分かれてしまった。長きに渡って闘いを続け、技を磨きあってきた。現代、「激獣拳ビーストアーツ」が科学的にその技を進化させていく一方、「臨獣拳アクガタ」は闇の力を取り込み、悪の組織として再興。先導者のもと、世界征服を企んでいた。今日も互いの信念を持ち闘い続ける「激獣拳ビーストアーツ」の使い手ゲキレンジャーと「臨獣拳アクガタ」。ある日、闘いの場に空からひっそりと謎の物体が飛来してくる。物体にはカメラが仕込まれており、彼らの闘いをレンズに映していた。すると、物体が閃光を放ち、彼らは光に飲まれてしまう。次の瞬間には、今までとはまったく別の場所に転送されていた。そこは巨大な観音像が鎮座する異国、上海。困惑する両者だが、突如現れた美女ミランダ(インリン・オブ・ジョイトイ)によって説明がなされる。自らを香港のメディア王と名乗るヤン(石橋雅史)が、世界中の名だたる格闘家・拳法家を集めて“乾坤一擲武術会”を行なうために、彼らを香港に集めたということであった。こうしてはじまった武術会には、しかしヤンの仕組んだ恐るべき陰謀が隠されていた。ヤンは集めた武術家たちの“気”を奪い、拳法による世界征服を企んでいたのであった。ヤンの野望を打ち砕くべく、敵同士の「激獣拳ビーストアーツ」のゲキレンジャーと「臨獣拳アクガタ」は共に立ち上がる。



■解説

獣の力を手にする拳法“獣拳”を会得したヒーローたちが活躍する人気の特撮戦隊テレビドラマ『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の劇場版。スーパー戦隊シリーズの劇場版では初となる海外ロケが行われた。監督はテレビ版でも指揮を執る中澤祥次郎。脚本は荒川稔久。出演はテレビ版キャストに加え、石橋雅史、小野真弓、他。

  • 2007年8月4日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(2007)

■スタッフ

監督 中沢祥次郎 (ナカザワショウジロウ)
アクション監督 石垣広文 (イシガキヒロブミ)
特撮監督 佛田洋 (フツタヨウ)
脚本 荒川稔久 (アラカワナルヒサ)
原作 八手三郎 (Saburo Yatsude)
撮影 松村文雄 (マツムラフミオ)
美術 大谷和正
音楽 三宅一徳 (ミヤケカズノリ)
照明 堀直之 (ホリナオユキ)

■キャスト

俳優名 役名
鈴木裕樹 (スズキヒロキ)  漢堂ジャン/ゲキレッド
福井未菜 (フクイミナ)  宇崎ラン/ゲキイエロー
高木万平 (タカギマンペイ)  深見レツ/ゲキブルー
荒木宏文 (アラキヒロフミ)  理央
平田裕香 (ヒラタユウカ)  メレ
伊藤かずえ (イトウカズエ)  真咲美希
小野真弓 (オノマユミ)  ラオファン
インリン・オブ・ジョイトイ (Yinling of Joytoy)  ミランダ
石橋雅史 (イシバシマサシ)  ヤン

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!