映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 超劇場版 ケロロ軍曹

    (原題:Cho Gekijoban Kerorogunso)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

宇宙から地球侵略にやって来たケロン星人のケロロ軍曹(声:渡辺久美子)と、タママ二等兵(声:小桜エツ子)、ギロロ伍長(声:中田譲治)、クルル曹長(声:子安武人)、ドロロ平長(声:草尾毅)の4人の部下。彼らは日向家に潜入するが、あっさりと捕獲されてしまう。日向家に居候しながら、ひそかに侵略のチャンスを狙っているはずのケロロは、日向家の長男で中学一年生の冬樹(声:川上とも子)とすっかり仲良くなり、自分の任務よりもつい趣味のガンプラ(ガンダムのプラモ)作りを優先させてしまう。今日も一緒に大好きなガンプラを買いに出かけたケロロと冬樹は、帰り道、不思議な祠を見つける。中に入った2人は、そこにまつられた壺をうっかり割ってしまう。翌日から街中に異変が起こり、人々は大混乱に陥った。実はケロロが割った壺には、ケロン星の太古の最終兵器キルル(声:おぎやはぎ)が封印されていたのだ。キルルとは、ケロン軍が開発した恐るべき秘密兵器で、かつて宇宙警察によって封印されたのだった。憎しみや不信感など、悪意をエネルギーにして巨大化する恐ろしい生物兵器であり、このままでは地球は滅びてしまう。その時、キルルの秘密を握るケロン星人ミララ(声:新垣結衣)が現れ、地球を救う唯一の手段を明かすのだった。



■解説

地球を侵略しようと宇宙の彼方からやって来たケロン星人のケロロ軍曹と仲間たちが繰り広げる冒険アニメーション。人気TVアニメの劇場版第一作。

  • 2006年3月11日 より

  • 配給:角川ヘラルド・ピクチャーズ
  • 製作国:日本(2006)

■スタッフ

監督 近藤信宏 (コンドウノブヒロ)
脚本 池田眞美子 (イケダマミコ)
原作 吉崎観音 (ヨシザキミネ)
エグゼクティブプロデューサー 角川歴彦 (カドカワツグヒコ) 吉井孝幸 (ヨシイタカユキ)
企画 井上伸一郎 (イノウエシンイチロウ) 内田健二 (ウチダケンジ)
プロデューサー 渡辺啓之 (ワタナベヒロユキ) 大橋千恵雄 (オオハシチエオ)
キャラクターデザイン 追崎史敏 (オイザキフミトシ)
作画監督 追崎史敏 (オイザキフミトシ)
撮影監督 福士亨 (フクシトオル)
美術監督 田尻健一
音楽 鈴木さえ子 (スズキサエコ)
主題歌 おぎやはぎ (オギヤハギ)
音響監督 鶴岡陽太 (ツルオカヨウタ)
編集 板部浩章 (イタベヒロアキ)
総監督 佐藤順一 (サトウジュンイチ)
製作統括 安田猛 (ヤスダタケシ) 尾崎雅之 (オザキマサユキ)
クリエイティブアドバイザー 山本裕介 (ヤマモトユウスケ)
色彩設計 中里智恵 (ナカザトチエ)
アニメーション制作 サンライズ
出演(声) 渡辺久美子 (ワタナベクミコ) 小桜エツコ (Etsuko Kozakura) 中田譲治 (ナカダジョウジ) 子安武人 (コヤスタケヒト) 草尾毅 (クサオタケシ) 川上とも子 (カワカミトモコ) 斎藤千和 (サイトウチワ) 新垣結衣 (Yui Aragaki) おぎやはぎ (オギヤハギ)

■キャスト

俳優名 役名
藤原啓治 (フジワラケイジ)  ナレーション

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!