映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 再会(1958)

    (原題:Fraulein)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

第二次大戦中のドイツ。捕虜の米軍大尉マクレイン(メル・ファーラー)は、収容所からアンガーマン教授と娘エリカ(ダナ・ウィンター)の助けで脱出した。別れ別れになったのち、教授は空襲で死に、エリカは伯父のカールの家に身をよせたが、敗戦の混乱中、エリカに乱暴するソ連軍将校を殺したカールは、自らも殺され、彼女は1人になった。陰険な同居人フリッツの目を逃れて、エリカは友人のピアニスト、ロリイ(ドロレス・マイケルス)の助けでアメリカ地区に脱出、危ういところを黒人MPに救われた。ナイトクラブでロリイと働くうち、彼女は少佐となったマクレインに再会した。彼はエリカに求婚したが、彼女は昔からの許婚者ユーゴーの安否が心配だった。しかし、やっと見つかったユーゴーは、戦後の混乱に荒れはて、正体不明の女と同居して、失った片腕の治療費として、エリカに与えた婚約指環の返還を迫る始末だった。心破れた彼女はマクレインの愛を受入れることをロリイに打ち明けた。しかしロリイは、軍政府居住調査官の来訪で知った、エリカが売春婦名簿に登録されているという意外な事実を語った。かつての同居人フリッツの悪質な画策だったのだ。ショックをうけたエリカは軍政府事務所にかけつけた。不安におののく彼女がそこで会ったのは、脱出の時に救われた黒人MPの温かい目だった。総てを知った彼は、書類のコピイをとる際に、偽りの文字を総て抹消してしまってくれた。敗戦のドイツの焼土の中にいためつけられてきたエリカの青春に、やっと暖かい陽ざしが訪れ、彼女はマクレインの胸に抱かれた。数日後、ベルリンの霧の中に、連れ立って新生活に出発する2人の姿があった。



■解説

ドイツの実地ロケーションをバックとした、第二次大戦にまつわるドイツ女性と米軍人の恋愛ドラマ。監督は「いとしの殿方」のヘンリー・コスター。ジェームズ・マクガヴァンの原作「令嬢」をレオ・タウンゼンドが脚本化した。撮影監督は「陽はまた昇る」のレオ・トーヴァー、音楽はダニエル・アンフィアトロウ。主演はヒロインに「あの日あのとき」のダナ・ウィンター、ヒーローに「戦争と平和」のメル・ファーラーが扮し、他に「きまぐれバス」のドロレス・マイケルスや、マギー・ヘイス、ヘルムート・ダンティーン、シナオダー・ビケル等が助演する。製作はウォルター・ライシュ。

  • 1958年6月11日 より

  • 配給:20世紀フォックス
  • 製作国:アメリカ(1958)

■スタッフ

監督 ヘンリー・コスター (Henry Koster)
脚本 レオ・タウンゼンド (Leo Townsend)
原作 ジェームズ・マクガヴァン (James McGovern)
製作 ワルター・ライシュ (Walter Reisch)
撮影 レオ・トーヴァー (Leo Tover)
美術 ライル・R・ウィラー (Lyle R. Wheeler) リーランド・フラー (Leland Fuller)
音楽 ダニエル・アンフィシアトロフ (Daniele Amfitheatrof)
編集 マージョリー・ファウラー (Marjorie Fowler)

■キャスト

俳優名 役名
ダナ・ウィンター (Dana Wynter)  Erika_Angerman
メル・フェラー (Mel Ferrer)  Foster_Mclain
ドロレス・マイケルズ (Dolores Michaels)  Lori
マギー・ヘイス (Maggie Hayes)  Lt._Berdie_Dubbin
セオドア・バイケル (Theodore Bikel)  Dmitri
ヘルムート・ダンティーン (Helmut Dantine)  Hugo
ハーバート・バーゴフ (Herbert Berghof)  Karl
ジェームズ・エドワーズ (James Edwards)  Corp._S._Hanks
アイヴァン・トリーソール (Ivan Triesault)  Professor_Angerman
ブランディン・エビンガー (Blandine Ebinger)  Berta_Graubach

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!