• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『LOVE COLLECTION OLDK オーエルディーケー』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • LOVE COLLECTION OLDK オーエルディーケー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

2004年、東京の片隅にあるあまり上等ではないとあるアパート。102号室のケイコ(清水美那)は、社内の対人関係や恋愛でもツイていない、疲れ切ったOL。住んでいるアパートの悪環境が、ダウンな心身に拍車をかける。右隣の部屋からは昼夜を問わず激しく男女の喘ぎ声が聞こえるし、左隣からは爆音ともいえるデスメタルが鳴り響き、不眠の日々。心身ともにもはや限界のケイコは、自殺を決意する。それも、最高に突飛な方法で…。103号室の西条(三浦誠己)はクスリの売人であるが、ヤクザの鶴岡(國村隼)に脅されながらいつの間にか商売物に手を付け始め、徐々に中毒化していた。クスリがもたらすハイな状態でメタルの轟音に身を任せる時間が、唯一の開放感を生んでくれる。 だが、ある日、アパートのドアが激しくノックされる。ヤクザに使い込みがバレたのか?あるいは警察か?静脈注射した西条は、隠し持っていた拳銃を手にドアに向かう…。101号室のタクヤ(一條俊)は無職で、派遣業をしているマキ(北川絵美)に食わせてもらっているヒモ同然の暮らしを送っていた。性欲旺盛なマキに、場所昼夜を問わずSEXを求められるのには、少し閉口気味。ある日、マキの留守中にタクヤは二股相手のレナを部屋に連れ込み、コトに及ぶ。レナの痕跡を完全に消したはずのタクヤだが、思いもよらないものが帰宅したマキの目に触れてしまい…。202号室、ケイコの真上の部屋。人の気配はすれども、住人は姿を見せた事がない。階下のケイコが気にする天井の、無気味な軋みの正体は?



■解説

ベテランから気鋭・新鋭まで、6人の映画監督が挑む「ラブコレクション」シリーズの第2弾。シニカルな笑いと突拍子もないアイディアで人気の漫画家すぎむらしんいちの、メディア芸術祭優秀賞受賞作『ALL NUDE』収録『OLDK築25歳』が映画化。とあるアパートを舞台に、生活に疲れたごく普通のOLと、各部屋の住人たちの極限状況が複雑に絡み合い、やがて空前絶後の大騒動を巻き起こす。主演は「蕨野行」でデビューを飾り、CMなどでも活躍中の清水美那。

  • 2004年12月11日 より

  • 配給:ラブコレクション製作委員会
  • 製作国:日本(2004)

■スタッフ

監督 原正弘 (ハラマサヒロ)
脚本 奥寺佐渡子 (オクデラサトコ)
撮影 安田圭 (ヤスダケイ)
音楽 安川午朗 (Goro Yasukawa)

■キャスト

俳優名 役名
清水美那 (シミズミナ)  ケイコ
三浦誠己 (ミウラマサキ)  西条
一條俊 (イチジョウサトシ)  タクヤ
北川絵美 (キタガワエミ)  マキ
國村隼 (Jun Kunimura)  鶴岡

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!