映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 第一夜

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。



■解説

日本漫画史上最恐カルトホラー漫画家・日野日出志の原作を、6人の新鋭監督が実写化に挑んだオムニバス・ホラー映画。本作はその第1弾で、安里麻里、中村義洋、白石晃士の3人が、それぞれ独自の解釈で日野ワールドを映像化。第1夜は、死んだ息子を蘇らせる母の執念を描く「地獄小僧」、生まれた子供が爬虫類だった父親の恐怖「わたしの赤ちゃん」、生きながら体が腐る少女の道行き「怪奇!死人少女」。出演は「不夜城」の山本未来、「回路」の有坂来瞳、「夢なら醒めて……」の前田綾花。

  • 2004年10月2日 より

  • 配給:パル企画
  • 製作国:日本(2004)

■スタッフ

原作 日野日出志 (ヒノヒデシ)
製作 有吉司 尾越浩文 (オゴシヒロフミ) 山田真丈 (ヤマダシンジョウ) 鈴木ワタル (スズキワタル)
プロデューサー 堀越崇 (ホリゴエタカシ) 棚橋裕之 (タナハシヒロユキ) 阪村勝彦 (サカムラカツヒコ) 大橋孝史 (オオハシタカシ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!