• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『土方巽 夏の嵐 2003〜1973 燔犧大踏鑑』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 土方巽 夏の嵐 2003〜1973 燔犧大踏鑑

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

2003年5月のある日、渋谷駅前の巨大な三つの街頭スクリーンに突如、反時代的な異形の人々の異様にも見える、まがまがしい動きが写し出された。それは、30年前の京都大学構内での土方巽らの、伝説と言われる最後の舞踏公演の映像だった。舞踏公演が行われた1973年6月、超満員の観衆の前で、舞踏の創始者である土方巽は、生涯に一度、東京以外の地で踊った。芦川羊子、小林嵯峨、玉野幸市、和栗由紀夫ほかの今も一線で活躍する弟子たちを擁した土方巽は、自ら「少女」を踊る。尾底骨で重心を取り、両手足を宙に泳がせて冒頭から挑発的なまなざし。女たちを中心とした場面の最初の演目「草摘みの少女」。「戦争は田の草取りよりも楽だ…」飯島耕一の詩「八月の詩」を読む若き日の土方巽の肉声に、男たちが立ちすくみ、指でささやきあい、凧の糸であやつられる「盆の精霊」。公演名を「夏の嵐」と名づけた由来であろう。二つ目の踊りに土方は、ハンセン病を出した。それは、ひとりであることの愉悦、孤絶感を体現した、これこそが、土方舞踏世界の集大成ともいえる全12景である。しかし土方巽はこの年を最後に、舞踏手としての自らに終止符を打ったのだ。映像の最後に映し出されるのは、土方巽の生まれ故郷である秋田の映像である。天上に向かって跳躍する欧米のダンスに対して、土方巽の舞踏が、地を踏み床をはう独自の身振りを生み出した舞踏の原風景が、ここにある。アンダーグラウンド舞踏の筆頭・暗黒舞踏と言われるその頂点の映像とも呼べるドキュメンタリー。



■解説

1950年代末からの戦後日本のアヴァンギャルド・アートのムーブメントの渦中から立ち現れてきた“舞踏”。その舞踏の創始者として今なお燦然たる輝きを放つ土方巽は、やがて“暗黒舞踏”を確立する。1973年に自らの舞踏を封印した土方巽の、映像として残された最後の公演「夏の嵐 燔犧大踏鑑」を、最新のデジタル技術で甦らせたドキュメンタリー。デジタルベータカム作品。1973年撮影素材は8ミリフィルム。

  • 2004年3月27日 より

  • 配給:イメージフォーラム=荒井事務所
  • 製作国:日本(2003)

■スタッフ

監督 荒井美三雄
脚本 荒井美三雄
企画 荒井美三雄
製作 新井明美 (アライアケミ)
撮影 中島徹 藤山顕一郎 (Kenichiro Fujiyama) 江原祥二 (エハラショウジ) 堀美臣 林憲志 (ハヤシケンジ) 宮澤ななえ (ミヤザワナナエ)
音楽 YAS-KAZ
トランペット演奏 五十嵐一生 (イガラシイッサ)
朗読 土方巽 (ヒジカタタツミ)
舞台構成・振付 土方巽 (ヒジカタタツミ)

■キャスト

俳優名 役名
土方巽 (ヒジカタタツミ)  土方巽
芦川羊子 (アシカワヨウコ)  芦川羊子
小林嵯峨 (コバヤシサガ)  小林嵯峨
仁村桃子 (ニムラモモコ)  仁村桃子
桂真菜 (カツラマナ)  桂真菜
玉野黄市 (タマノコウイチ)  玉野黄市
佐藤詰一 (サトウキツイチ)  佐藤詰一
和栗由紀夫 (ワクリユキオ)  和栗由紀夫
雨宮一光 (アメミヤイッコウ)  雨宮一光
立花隆一 (タチバナリュウイチ)  立花隆一

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!