映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ヴァイブレータ

  • R-15
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

自分の頭の中に氾濫する声に悩まされ、不眠や過食、食べ吐きを繰り返すアルコール依存症の31歳のルポライター・早川玲。ある雪の夜、コンビニでひとりの若い男に目を留めた彼女は、「彼を食べたい」と言う直感に従い行きずりの関係を結ぶ。男は岡部希寿と言うフリーの長距離トラック運転手。翌朝、そのまま岡部のトラックに揺られ次の仕事先である新潟へと同行した玲は、彼と言葉や肌を重ねながら徐々に心癒されていくのであった。気づくと、頭の中の声も聞こえなくなっていた。だが、旅は終わりに近づこうとしていた。翌日の夜、出会ったコンビニで岡部と別れた玲は、「彼を食べて、彼に食べられた。ただ、それだけのことだった」と思いながらも、自分が”いいもの“になった気がしていた。



■解説

アルコール依存症の女性レポライターと長距離トラック運転手が織りなす、行きずりの愛の物語。監督は「刑事まつり/刑事VS刑事」の廣木隆一。赤坂真理の同名小説を基に、「KT」の荒井晴彦が脚色。撮影監督に「1980」の鈴木一博があたっている。主演は、「赤目四十八瀧心中未遂」の寺島しのぶと同じく「赤目四十八瀧心中未遂」の大森南朋。第77回本誌日本映画ベスト・テン第3位、日本映画主演女優賞(寺島しのぶ)受賞、日本映画新人女優賞(寺島しのぶ)受賞、日本映画助演男優賞(大森南朋)受賞、日本映画脚本賞受賞、第60回ヴェネチア国際映画祭出品、第46回ブルーリボン賞主演女優賞(寺島しのぶ)受賞、第25回ヨコハマ映画祭2003年日本映画ベストテン第1位、作品賞受賞、監督賞受賞、脚本賞受賞、主演女優賞(寺島しのぶ)受賞、助演男優賞(大森南朋)受賞、第16回東京国際映画祭コンペティション部門出品、優秀女優賞(寺島しのぶ)受賞、日本映画ペンクラブ賞会員選出ベスト5日本映画第5位、芸術文化振興基金協賛作品。HDからのキネコ。

  • 2003年12月6日 より

  • 配給:ステューディオ スリー=シネカノン
  • 製作国:日本(2003)

■スタッフ

監督 廣木隆一 (Ryuichi Hiroki)
脚色 荒井晴彦 (Haruhiko Arai)
原作 赤坂真理 (アカサカマリ)
製作 高橋紀成 (Kisei Takahashi)
プロデューサー 森重晃 (モリシゲアキ) 青島武 (アオシマタケシ)
撮影監督 鈴木一博 (スズキカズヒロ)
美術 林千奈 (ハヤシチナ)
音楽プロデューサー 石川光 (イシカワコウ)
主題歌 浜田真理子 (ハマダマリコ)
録音 深田晃 (フカダアキラ)
音響効果 吉田憲義 (ヨシダノリヨシ)
照明協力 守利賢一
衣裳 宮本まさ江 (Masae Miyamoto)
アソシエイトプロデューサー 永田芳弘 (ナガタヨシヒロ) 小松賢志 (コマツケンジ)
ラインプロデューサー 椋樹弘尚 (ムクジュヒロヒサ)
製作担当 小松功 (コマツイサオ)
助監督 宮城仙雅 (ミヤギノリマサ)
スチール 常盤響 (トキワヒビキ)
ヴィジュアルエフェクト nob (ノブ)
出演(声) 村上淳 (Jun Murakami) 野村祐人 (Yujin Nomura)

■キャスト

俳優名 役名
寺島しのぶ (Shinobu Terajima)  早川玲
大森南朋 (Nao Omori)  岡部希寿
田口トモロヲ (Tomorowo Taguchi)  警官
戸田昌宏 (トダマサヒロ)  ホテトルの客
高柳絵理子 (タカヤナギエリコ)  プリマレクシアの女
牧瀬里穂 (Makise Riho)  雑誌の女
坂上みき (サカジョウミキ)  DJ
安藤玉恵 (アンドウタマエ) 
二瓶信哉 (ニヘイシンヤ) 
遠藤太平 (エンドウタヘイ) 
朝川まな保 (アサカワマナホ) 
菅野おん (カンノオン) 
MIZUKA (ミズカ) 
城元大輔 (シロモトダイスケ) 
和央信平 (ワオシンペイ) 
杉浦真也 (スギウラシンヤ) 
難波明 (ナニワアキラ) 
汐見まこ (シオミマコ) 
麻生沙里 (アソウサリ) 
碓井由美 (ウスイユキ) 
桂野恵一 (カツラノケイイチ) 
小高永美子 (オダカエミコ) 
高野未久 (タカノミク) 
藤田うらら (フジタウララ) 
野崎ふうか (ノザキフウカ) 
増田大和 (マスダヤマト) 
早川佳祐 (ハヤカワケイスケ) 
中町聡 (ナカマチサトシ) 
上村那智 (ウエムラナチ) 
腰越宏樹 (コシゴエヒロキ) 
五十嵐まゆみ (イガラシマユミ) 
ナシモトタオ (ナシモトタオ) 
土田雅之 (ツチダマサユキ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!