• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『Jam Films 「the messenger 弔いは夜の果てで」』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • Jam Films 「the messenger 弔いは夜の果てで」

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

荒廃したビルの一室。ギャング・権藤の前に現れた凄腕のヒットマン・憂子は、彼にあるメッセージを伝える。それは、彼が既に死んでいること。そう、彼女はさまよえる魂をあの世に導く“メッセンジャー”なのだった。



■解説

日本映画界を代表する7人の監督によるショート・フィルム集「Jam Films」の1本。謎の女ヒットマンの正体を巡るサスペンス。監督は「VERSUS」の北村龍平。脚本は高津隆一。撮影を「VERSUS」の古谷巧が担当している。主演は、映画初出演の魚谷佳苗と「今昔伝奇花神」の北村一輝。HD24Pからのキネコ。

  • 2002年12月28日 より

  • 配給:アミューズピクチャーズ
  • 製作国:日本(2002)

■スタッフ

監督 北村龍平 (キタムラリュウヘイ)
脚本 高津隆一 (タカツリュウイチ)
脚本協力 北村龍平 (キタムラリュウヘイ) 山口雄大 (ヤマグチユウダイ) 桐山勲 (キリヤマイサオ)
製作指揮 大里洋吉 (オオサトヒロキチ) 香山哲 (カヤマテツ)
エクゼクティブ・プロデューサー 梅村宗宏 (ウメムラムネヒロ)
企画協力 東野正剛 高橋敬子 (タカハシケイコ) 別所哲也 (Tetsuya Bessho)
プロデューサー 佐谷秀美 (サタニヒデミ) 梅川治男 (ウメカワハルオ)
プロデュース 河井信哉 (カワイシンヤ)
制作協力 竹岡実 (タケオカミノル)
撮影 古谷巧 (フルヤタクミ)
美術 高橋光 (タカハシヒカル)
音楽 森野宣彦 (モリノノブヒコ) 矢野大介 (ヤノダイスケ)
オリジナル・スコア ウェーブマスター (Wave Master)
音楽プロデューサー 柴田文孝 (シバタフミタカ) 牧野幸文 (マキノユキフミ)
録音 久保田敏之 (クボタトシユキ)
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ)
照明 野村泰寛 (ノムラヤスヒロ)
編集 掛須秀一 (カケスシュウイチ)
衣裳 小林純子 (コバヤシジュンコ)
ポストプロダクション・スーパーバイザー 篠田学 (シノダマナブ)
VE 佐々木辰雄 (ササキタツオ)
アソシエイト・プロデューサー 齋藤勉
ラインプロデューサー 梶川信幸 (カジカワノブユキ)
エグゼクティブ・チャージ・オブ・プロダクション 田副康夫 (タゾエヤスオ)
監督補 山口雄大 (ヤマグチユウダイ)
助監督 和田大輔 (ワダダイスケ)
スチール 石川登栂子

■キャスト

俳優名 役名
魚谷佳苗 (ウオタニカナエ)  神代憂子
北村一輝 (Kazuki Kitamura)  権藤
坂口拓 (サカグチタク) 
片山武宏 (カタヤマタケヒロ) 
松本実 (マツモトミノル) 
大場一史 (オオバカズヒト) 
金澤大朗 (カナザワタロウ) 
後藤竜治 (ゴトウリュウジ) 
谷門進士 (タニカドシンジ) 
江口勇樹 (エグチユウキ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!