映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • HYSTERIC

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

パトカーに揺られている真美。彼女は、殺害した智彰と過ごした日々を回想する----。93年夏。バイトをしながら専門学校に通っていた真美は、車上荒らしなどでその日暮らしをしている智彰にナンパされ、彼と交際を始めた。「太く短く生きる」とウソぶくナイーヴだがキレ易い性格の智彰に、次第にハマっていく真美。ケチな盗みを繰り返し刹那的に生きるふたりは、その一方で別れてはまたよりを戻すという関係を続けていた。そして、94年9月9日。真美と智彰は、たった5万円を奪う為に衝動的にアパートの隣人を殺害する。その後、ふたりは逃亡生活を送るようになるが、その果てに別々の人生を歩み始める。2000年。智彰は、海辺の食堂で働いている真美と再会する。彼女はそこの主人・充と結婚し子供をもうけていた。ところが、その子は実は智彰との間に出来た子供だったのだ。真美に復縁を迫る智彰。しかし、彼女はその申し出を断った。思い通りにならない苛立ちから、またしても衝動的に充を刺す智彰。真美はそんな彼を刺し殺すのだった。智彰殺しの罪で警察に連行される真美。だが、彼女ははっきりと確信していた。自分が智彰を心底愛していたことを…。



■解説

衝動的に犯罪を繰り返す男と、そんな彼とどうしても別れることの出来ない女の哀しい運命を描いたドラマ。監督は「アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女」の瀬々敬久。脚本は「覗かれた不倫妻 夫の目の前で…」の井土紀州。撮影を「覗かれた不倫妻 夫の目の前で…」の斎藤幸一が担当している。主演は、「MONDAY」の小島聖と「ポルノスター」の千原浩史。第44回アジア太平洋映画祭、第29回ロッテルダム映画祭、第24回香港国際映画祭正式出品作品。16ミリからのブローアップ。

  • 2000年5月6日 より

  • 配給:ベンチャーフイルム
  • 製作国:日本(2000)

■スタッフ

監督 瀬々敬久 (ゼゼタカヒサ)
脚本 井土紀州 (イヅチキシュウ)
企画 利倉亮 田中美孝 (タナカヨシタカ)
プロデューサー 江尻健司 (エジリ) 深谷登 (フカヤノボル)
制作 山地昇 古谷雷太 (フルヤライタ) 中山タロー (ナカヤマタロー) 松下淳一 (マツシタジュンイチ)
撮影 斎藤幸一 (サイトウコウイチ)
装飾 大庭信正 (オオニワノブマサ)
音楽 安川午朗 (Goro Yasukawa)
録音 沼田和夫 (ヌマタカズオ)
編集 酒井正次 (サカイマサツグ)
スタイリスト 小倉久乃 (オグラヒサノ)
ポストプロダクションプロデューサー 金子尚樹 (カネコナオキ)
アシスタントプロデューサー 関根浩一 (セキネコウイチ) 富田敏家 (トミタトシイエ) 植木康雄 (ウエキヤスオ)
助監督 松岡邦彦 (マツオカクニヒコ)
スチール 佐藤初太郎 千葉朋昭 (チバトモアキ)

■キャスト

俳優名 役名
小島聖 (Kojima Hijiri)  真美
千原浩史   智彰
鶴見辰吾 (Shingo Tsurumi) 
村上淳 (Jun Murakami)  圭次
阿部寛 (Hiroshi Abe) 
下元史朗 (シモモトシロウ)  パチンコ店店主
稲宮誠 (イナミヤマコト)  ゲイの男
諏訪太朗 (スワタロウ)  刑事
寺島進 (Susumu Terajima)  道夫
余貴美子 (Kimiko Yo)  時枝
広野健至 (ヒロノケンジ)  英紀
アリ・アーメッド   車上荒らしにあう男
伊藤猛 (Takeshi Ito)  犬をつつく男
飯島大介 (イイジマダイスケ)  刑務官
後藤麻衣 (ゴトウマイ)  沙耶
守田比呂也 (モリタヒロヤ)  真美の祖父
川瀬陽太 (カワセヨウタ)  パチンコ店店員

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!