• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『REQUIEM of DARKNESS クラヤミノレクイエム』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • REQUIEM of DARKNESS クラヤミノレクイエム

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

古い名画座「中野光座」。オールナイト上映のある晩、フラリと立ち寄ったしがないサラリーマン・多和は、ヤクザのイサオと彼を探すチンピラたちとのいざこざに巻き込まれてしまう。彼は館主の娘・芽以と常連のヘルス嬢・恵梨香に助けを求められ彼らに立ち向かおうとするが、あっさり暴力に屈しプライドを傷つけられる。一方、館内ではイサオの妹で看護婦の幸子が、スケベな医師・酒巻にセクハラを受けていた。そんな妹を助け出すイサオ。末期の胃ガンに体を蝕まれ余命幾ばくもない彼は、妹と母親の為に無謀にも組織からブツを盗み出し、それを現金に換えようとしていたのだ。彼の姿に感動し自らの「夢」を取り戻した多和は、芽以と恵梨香、そして自身の為にチンピラたちに闘いを挑む。果たして、彼は大怪我を負って病院に運ばれるが、後悔はなかった。やがて、イサオとチンピラの兄貴分・黒沢木が決着をつける時がきた。黒沢木がイサオの恋人・ケイを殺害した犯人だと知り、最後の力を振り絞って闘うイサオ。彼は黒沢木を倒すことに成功するも、翌朝、力尽きてこの世を去ってしまう。それから数日後、映画館で恵梨香に再会した多和は、大学時代の夢であった脚本家を目指し、シナリオを書き上げる約束を彼女にするのであった。



■解説

古びた映画館を舞台に、死にゆくヤクザと夢を忘れたサラリーマンの闘いを描く群像劇。監督は、「ラッキー・ロードストーン」などの脚本家として知られる森岡利行で、本作で監督デビューを果たした。自身による舞台台本を基に、森岡監督が脚色。撮影を「皆月」の石井浩一が担当している。出演は、「Zero WOMAN」の相澤一成、「大怪獣東京に現る」の鈴木真、「菊次郎の夏」の小島可奈子、「飛ぶは天国もぐるは地獄」の栗林知美、「シンデレラは眠らない」の黒川芽以ら。16ミリからのブローアップ。

  • 2000年3月25日 より

  • 配給:STRAYDOG(配給協力 ゼアリズエンタープライズ)
  • 製作国:日本(2000)

■スタッフ

監督 森岡利行 (モリオカトシユキ)
脚本 森岡利行 (モリオカトシユキ)
エクゼクティブ・プロデューサー 梶俊吾 (カジシュンゴ)
プロデューサー 櫻井雅章 (サクライマサアキ) 田島浩一郎 (タジマコウイチロウ)
撮影 石井浩一 (イシイヒロカズ)
美術 佐々木博崇
音楽 野島健太郎 (ノジマケンタロウ)
録音 鴇田満男 (トキタミツオ)
音響 福島音響 (フクシマオンキョウ)
照明 白石成一 (シライシセイイチ)
編集 金子尚樹 (カネコナオキ)
衣裳 佐高美智代 (サタカミチヨ)
助監督 玉利祐助 (タマリユウスケ)
スクリプター 蜷川晶 (ニナガワアキラ)
スチール 渡邊俊夫 (ワタナベトシオ)

■キャスト

俳優名 役名
相澤一成 (アイザワイッセイ)  真野イサオ
鈴木真 (スズキマコト)  多和不二満
小島可奈子 (コジマカナコ)  真野幸子
栗林知美   恵梨香
黒川芽以 (Kurokawa Mei)  芽以
川端良香 (カワバタリョウカ)  ケイ
那波隆史 (ナハタカシ)  樽木
塩山義高 (シオヤマヨシタカ)  黒沢木明
酒井健太郎 (サカイケンタロウ)  酒巻健太郎
土平ドンペイ (ツチヒラドンペイ)  端角
木下ほうか (Hoka Kinoshita)  若頭
菅田俊 (Shun Sugata)  組長
関剛 (セキツヨシ)  条堺
宮川宏司 (ミヤガワヒロシ)  差兼
浜谷康幸 (ハマタニヤスユキ)  御舞
佐々木庸二 (ササキヨウジ)  二寸
植村結子 (ウエムラユウコ)  婦警
永元絵里子 (ナガモトエリコ)  婦警
千葉尚之 (チバナオユキ)  警官
秋葉勘弥 (アキバカンヤ)  警官
前田祐一 (アキバジンヤ)  警官

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!