映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • カリスマ

    (原題:Charisma)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

代理士を人質に青年が立てこもるという事件を担当した薮池刑事。しかし、事件は犯人も人質も両方死なせるという最悪の結末を迎えてしまう。このことが原因で上司に休暇を取らされることになった薮池は、犯人から受け取った「世界の法則を回復せよ」という謎のメッセージに導かれるように、ある森へと足を踏み入れる。森の中の空き地には、「カリスマ」と呼ばれる奇妙な木が一本生えていた。実はこの木は根から毒素をまき散らし周りに生える木々を根こそぎ倒していく不思議な力を持っていた。その為、植林作業員の中曽根たちは他の木を守ろうとカリスマ伐採に躍起になるのだが、いつも森の奥に住む桐山に妨害されてしまう。桐山は、「強いもの勝つ」という信念の下、森でただひとりカリスマを守っている青年だ。ところで、森にはもう一組の住人がいた。植物の研究をしている美津子とその妹の千鶴だ。美津子は、「森全体の秩序を保つ為」に森を一度完全に破壊しようと池に毒を捲いていた。カリスマを巡り、それぞれの立場からといそうを繰り広げる住人たち。そんな彼らとの出会いの中で、薮池はやがて「あるがまま」であることが「森の法則」、ひいては「世界の法則」であると結論に達する。だた、そこへ猫島を中心としたプラントハンターが乱入。カリスマは根こそぎ引き抜かれ、神保姉妹によって焼かれてしまう。しかし、薮池には森の更に奥に巨大な木がそびえ立っているのが見えた。カリスマが本当の姿を現したのだ。生き甲斐をなくし呆然と立ちすくむ桐山、猫島の部下を処刑する作業員たち、猫島の金を奪い森を出ようとして桐山に殺される千鶴…、森の人たちに次々と異変が生じていく。そんな中、美津子は本当のカリスマを爆破させるが、薮池はその下に新しい芽を発見する。その芽を美津子に託す薮池。彼は、怪我を負った猫島を連れて森を出ていく……。



■解説

森の中に生える一本の不思議な木を巡る人々の葛藤を描いたドラマ。監督・脚本は「大いなる幻影」の黒沢清。撮影を「修羅がゆく9 北海道進攻作戦」の林淳一郎が担当している。主演は「金融腐食列島 呪縛」の役所広司。92年サンダンス・インスティテュート・スカラシップ獲得。99年カンヌ国際映画祭他出品。

  • 2000年2月26日 より

  • 配給:日活=東京テアトル
  • 製作国:日本(2000)

■スタッフ

監督 黒沢清 (Kiyoshi Kurosawa)
脚本 黒沢清 (Kiyoshi Kurosawa)
製作総指揮 中村雅哉 (Masaya Nakamura) 池口頌夫
企画 吉田達 (ヨシダトオル) 鵜野新一 (ウノシンイチ) 有吉司
プロデューサー 神野智 (ジンノサトシ) 下田淳行 (シモダアツユキ)
撮影 菊池純一 (キクチジュンイチ)
美術 丸尾知行 (マルオトモユキ)
音楽 ゲイリー芦屋 (ゲイリーアシヤ)
録音 井家眞紀夫 (イカマキオ)
整音 中田裕章 (ナカタヒロアキ)
音響効果 丹雄二 (タンユウジ)
スタイリスト 米村弘光
ラインプロデューサー 鎌田賢一 (カマタケンイチ)
アシスタントプロデューサー 山内拓哉 (ヤマウチタクヤ) 盛夏子 (モリナツコ)
助監督 吉村達矢 (ヨシムラタツヤ)
スクリプター 柳沼由加里
スチール 奥川彰
造型 林田裕至 (ハヤシダユウジ) 中川理仁 (ナカガワリヒト) 冨永かをり (トミナガカヲリ) 鈴木綾 (スズキアヤ)

■キャスト

俳優名 役名
役所広司 (Koji Yakusho)  薮池五郎
池内博之 (Hiroyuki Ikeuchi)  桐山直人
風吹ジュン (Fubuki Jun)  神保美津子
洞口依子 (Doguchi Yoriko)  神保千鶴
大杉漣 (Ren Osugi)  中曽根敏
松重豊 (Yutaka Matsushige)  猫島
大鷹明良 (オオタカアキラ)  坪井
塩野谷正幸 (シオノヤマサユキ)  上司
目黒幸子 (メグロサチコ)  華子
戸田昌弘 (トダマサヒロ)  西
田中要次 (Yoji Tanaka)  杉下
川屋せっちん (カワヤセッチン)  作業員
三浦景虎 (ミウラカゲトラ)  作業員
ジーコ内山 (ジーコウチヤマ)  作業員

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!