映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ミッション・トゥ・マーズ

    (原題:Mission to Mars)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

2020年、NASAはマーズ1号で火星への有人飛行を成功させた。だが、火星上での探査活動中、乗組員は巨大な氷山のようなものを発見し、そこから発生した砂嵐に巻き込まれ遭難するという怪現象が発生。マーズ1号の当初の乗組員ながら妻マギーをを病気で亡くしたためミッションを断念したジム(ゲーリー・シニーズ)は、マーズ2号のメンバーとして宇宙ステーションでこの事態を知り、救出ミッションに乗り出す。こうしてジムはパートナーである親友夫婦ウッディ(ティム・ロビンス)とテリー(コニー・ニールセン)、そしてフィル(ジェリー・オコーネル)と火星へ出発。火星上から送られてきた映像には墓場が3つ映し出されており、それは最後の交信を送ってきた仲間のルーク(ドン・チードル)の生存の証明ではないかという期待を抱かせた。ロケットのトラブルでウッディは妻テリーの目の前であえなく命を落としたが、残った3人は火星に着陸。奇跡的に生きていたルークと再会した彼らは、彼から巨大な氷山と見えたのが実は巨大な人面岩で、そこからあるメッセージが放射されているという。フィルだけをロケットに残して人面岩に向かった3人は、そこで未知の英知の存在を知る。亡き妻が宇宙の未知の英知の存在を示唆していたことを思い出したジムは、この人面岩こそ人類の新たな出発点だと気づき、ティムとルークに別れを告げ、ひとりそこから旅立つのだった。



■解説

近未来、火星で未知との遭遇を果たす男女の姿を描くSFロマン。監督は「スネーク・アイズ」のブライアン・デ・パルマ。原案はローウェル・キャノン、ジム・トーマス、ジョン・トーマス。脚本はジム・トーマス、ジョン・トーマス、「フラッド」のグレアム・ヨスト。撮影はデ・パルマ作品の常連スティーヴン・H・ブラム。音楽は「海の上のピアニスト」の巨匠エンニオ・モリコーネ。出演は「スネーク・アイズ」のゲーリー・シニーズ、「隣人は静かに微笑う」のティム・ロビンス、「アウト・オブ・サイト」のドン・チードル、「ソルジャー」のコニー・ニールセン、「スクリーム2」のジェリー・オコーネルほか。

  • 2000年5月27日 より

  • 配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
  • 製作国:アメリカ(2000)

■スタッフ

監督 ブライアン・デ・パルマ (Brian De Palma)
脚本 グラハム・ヨスト (Graham Yost) ジム・トーマス (Jim Thomas) ジョン・トーマス (John Thomas)
原案 ローウェル・キャノン (Lowell Cannon) ジム・トーマス (Jim Thomas) ジョン・トーマス (John Thomas)
エクゼクティブ・プロデューサー サム・マーサー (Sam Mercer)
製作 トム・ジェイコブソン (Tom Jacobson)
撮影 スティーブン・H・ブラム (Stephen H. Burum)
美術 エド・バリュー (Ed Verreaux)
音楽 エンニオ・モリコーネ (Ennio Morricone)
編集 ポール・ハーシュ (Paul Hirsch)
衣裳 サーニャ・ミルコヴィック・ヘイズ (Sanja Milkovic Hays)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)
VFX監修 ホイト・イェットマン (Hoyt Yeatman) ジョン・ノール (John Knoll)

■キャスト

俳優名 役名
ゲイリー・シニーズ (Gary Sinise)  Jim McConnell
ティム・ロビンス (Tim Robbins)  Woody Blake
ドン・チードル (Don Cheadle)  Luke Graham
コニー・ニールセン (Connie Nielsen)  Terri Fisher
アーミン・ミューラー=スタール (Armin Mueller-Stahl)  Ramier Beck
キム・デラニー (Kim Delaney)  Maggie McConnell

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!