映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • インサイダー

    (原題:The Insider)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

CBSの人気報道番組『60ミニッツ』のプロデューサー、ローウェル・バーグマン(アル・パチーノ)はタバコ産業の極秘資料を入手。彼は全米第3位の企業ブラウン&ウィリアム(B&W)社の元研究開発部門副社長ジェフリー・ワイガンド(ラッセル・クロウ)と接触。彼はB&W社が利潤追求のためタバコに不正な手段で人体に有害な物質を加えているという秘密を握っていたが、病気の娘の医療手当をはじめ家族の生活を守るため、B&W社の終身守秘契約に同意していた。彼がマスコミと接触したことを知った社は、陰日向に彼とその家族に圧力と脅迫を加える。信念と生活への不安の板挟みでワイガンドは苦悩するが、ついに『60ミニッツ』のインタヴューに応じ、法廷で宣誓証言することを決意。番組の看板ジャーナリスト、マイク・ウォレス(クリストファー・プラマー)のインタヴュー収録も終わったが、ここで問題が発生。CBS上層部はタバコ産業との訴訟沙汰を恐れ、番組ではワイガンドのインタヴューをカットして放映する決定を下したのだ。さらにタバコ産業はワイガンドの旧悪を暴露するアンチキャンペーンを展開。バーグマンも『60ミニッツ』を降板させられた。だが、彼は事件の真実を『ウォールストリート・ジャーナル』にリーク、全てを表ざたにして、ついに番組の放映を実現させるのだった。



■解説

米国の大手タバコ産業の不正を告発したTVプロデューサーと元重役の実話を描く実録社会派ドラマ。監督は「ヒート」のマイケル・マン。脚本は『ヴァニティ・フェア』誌の記事『知りすぎた男』(マリー・ブレナー著)に基づき、「モンタナの風に抱かれて」のエリック・ロスとマンが担当。撮影は「ヒート」のダンテ・スピノッティ。音楽は元デッド・カン・ダンスのリサ・ジェラードと豪州出身のピーター・バーグ。出演は「フェイク」のアル・パチーノ、「L.A.コンフィデンシャル」のラッセル・クロウ、「12モンキーズ」のクリストファー・プラマーほか。

  • 2000年5月27日 より

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:アメリカ(1999)

■スタッフ

監督 マイケル・マン (Michael Mann)
脚本 エリック・ロス (Eric Roth) マイケル・マン (Michael Mann)
原作 マリー・ブレナー (Marie Brenner)
製作 マイケル・マン (Michael Mann) ピーター・ヤン・ブルッグ (Pieter Jan Brugge)
撮影 ダンテ・スピノッティ (Dante Spinotti)
美術 ブライアン・モリス (Brian Morris)
音楽 リサ・ジェラール (Lisa Gerrard) ピーター・バーグ (Pieter Bourke)
編集 ウィリアム・C・ゴールデンバーグ (William C. Goldenberg) ポール・ルベル (Paul Rubell) デイヴィッド・ローゼンブルーム (David Rosenbloom)
衣装デザイン アンナ・シェパード (Anna Sheppard)
字幕 松浦美奈 (Mina Matsuura)

■キャスト

俳優名 役名
アル・パチーノ (Al Pacino)  Lowell Bergman
ラッセル・クロウ (Russell Crowe)  Jeffrey Wigand
クリストファー・プラマー (Christopher Plummer)  Mike Wallace
ダイアン・ヴェノーラ (Diane Venora)  Liane Wigand
フィリップ・ベイカー・ホール (Philip Baker Hall)  Don Hewitt
ジーナ・ガーション (Gina Gershon)  Helen Caperelli

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!