映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ラブ・オブ・ザ ゲーム

    (原題:For Love of the Game)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ニューヨーク・ヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアム。デトロイト・タイガースの右腕のエースで40歳のヴェテラン投手ビリー・チャペル(ケヴィン・コスナー)は優勝を目前にしたヤンキースを迎え、マウンドに立つ。前日、彼はデビュー以来苦楽を共にしたオーナーから実質的なトレード通告を受け、さらに、5年越しの恋人でファッション雑誌のライターであるジェーン(ケリー・プレストン)からも別れを告げられた。まさに運命の岐路というべきこの試合、序盤からチャペルは人生最高のピッチングを続ける。そんな彼の胸には自らの野球人生とジェーンとの出会い、彼女の娘ヘザー(ジェナ・マローン)を交えたつかの間の幸せな日々、そして右手の大怪我に端を発した投手生命と彼女との別れの危機といった出来事が甦る。何度にも渡るピンチを女房役の捕手ガス(ジョン・C・ライリー)らの支えで乗り切り、なんと完全試合を目前にするチャペル。ジェーンも新たな仕事先に選んだロンドンへと向かうはずだった空港のテレビで彼の姿を見守っていた。そして迎えた9回裏。彼はこの試合を最後に引退すると書いたメモをオーナーに残し、マウンドへ。代打に立ったルーキーを見事打ち取り、チャペルは完全試合を果たした。翌日、ジェーンを追って空港へ向かったチャペルはそこでと彼女と再会、人生の再出発を誓って抱き合うのだった。



■解説

最後のマウンドにおのれの野球人生と恋人への愛を賭けるメジャーリーグのヴェテラン投手の姿を感動的に描くドラマ。監督は「クイック&デッド」「シンプル・プラン」のサム・ライミ。原作はマイケル・シャーラの同名作で、脚本は「シティ・オブ・エンジェル」のデイナ・スティーヴンス。製作は「エンド・オブ・デイズ」のアーミヤン・バーンステインと「きっと忘れない」のエイミー・ロビンソン。製作総指揮は「羊たちの沈黙」のロン・ボズマン、「エアフォース・ワン」のマーク・エイブラハム。撮影は「恋愛小説家」のジョン・ベイリー。音楽は「レ・ミゼラブル」のベイジル・ポールドゥーリス。美術はニール・スピザック。編集はエリック・L・ビーソン、アーサー・コバーン。衣裳はジュディアナ・マコフスキー。出演は「メッセージ・イン・ア・ボトル」のケヴィン・コスナー、「ナッシング・トゥ・ルーズ」のケリー・プレストン、「25年目のキス」のジョン・C・ライリー、「グッドナイト・ムーン」のジェナ・マローンほか。

  • 2000年1月29日 より

  • 配給:UIP
  • 製作国:アメリカ(1999)

■スタッフ

監督 サム・ライミ (Sam Raimi)
脚本 ダナ・スティーヴンス (Dana Stevens)
原作 マイケル・シャーラ (Michael Shaara)
エグゼクティブプロデューサー マーク・エイブラハム (Marc Abraham) ロン・ボズマン (Ronald M. Bozman)
製作 エイミー・ロビンソン (Amy Robinson) アーミアン・バーンスタイン (Armyan Bernstein)
撮影 ジョン・ベイリー (John Bailey)
美術 ニール・スピサック (Neil Spisak)
音楽 ベイジル・ポールドゥーリス (BasilPoledouris)
編集 エリック・L・ビアソン (Eric L. Beason) アーサー・コバーン (Arthur Coburn)
衣装デザイン ジュディアナ・マコフスキー (Judianna Makovsky)
字幕 太田直子 (Naoko Ota)

■キャスト

俳優名 役名
ケヴィン・コスナー (Kevin Costner)  Billy Chapel
ケリー・プレストン (Kelly Preston)  Jane Aubrey
ジョン・C・ライリー (John C. Reilly)  Gus Sinski
ジェナ・マローン (Jena Malone)  Heather
ブライアン・コックス (Brian Cox)  Gary Wheeler
J・K・シモンズ (J.K.Simmons)  Frank Perry
ヴィン・スコリー (Vin Scully) 
スティーヴ・ライオンズ (Steve Lyons) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!