映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 学校の怪談4

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

夏休みを利用して、東京から海辺の町・戸野崎に恒と弥恵の兄妹がやってきたのは、何年ぶりかの大型台風が上陸した日のことだった。「嵐の日には、海で死んだ人たちの霊が帰ってくる」。従姉のあゆむが語る町の言い伝えに、恒は背筋が寒くなるような感覚に襲われる。果たして、翌日から町の子供たちが行方不明になる事件が発生した。児童会長の周治が少年の幽霊に海に引きずり込まれ、小三トリオのひとり・護が幽霊電車に連れて行かれ、あゆむの親友の須美子も小さな女の子の幽霊に連れさらわれた。そして、町に来てからずっと昔に津波で流された木造の古い学校の中でかくれんぼの鬼をさせられる奇妙な夢に悩まされていた恒も、灯篭流しの夜、弥恵の前から姿を消してしまうのであった。兄を連れ戻す為、弥恵は文房具屋の謎の老人・関川に助けを求める。実は、彼は古い学校が津波に流された時、友達とかくれんぼしていて、ひとりだけ助かった子供であった。しかも、昨年亡くなったという彼自身も幽霊。かくれんぼの時、鬼をしていた彼は友達を救うことが出来ず、それをずっと悔やんで天国へいくことが出来ないでいたのだ。そこで、弥恵は関川と海に沈んだ校舎へ行くことを決意する。子供たちは、恒たちをさらってかくれんぼの続きをさせていたに違いない。ならば、関川と一緒に隠れていた子供たちを見つけてやれば、恒たちを解放してくれる筈だ。そして、老人と弥恵は子供たちを見つけてやることに成功。漸くこの世への思いを断ちきることが出来た子供たちと関川は天国へ昇天し、行方不明になっていた子供たちも無事帰ってくるのであった。



■解説

海辺の町を舞台に、津波によって死んだ子供たちの霊が巻き起こす恐怖を描いたジュブナイル・ホラー。監督は「愛を乞うひと」の平山秀幸。脚本は「学校の怪談2」の奥寺佐渡子。撮影を「愛を乞うひと」の柴崎幸三が担当している。主演は、子役で新人の豊田眞唯と 『for you』の広瀬斗史輝。

  • 1999年7月10日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1999)

■スタッフ

監督 平山秀幸 (Hideyuki Hirayama)
脚本 奥寺佐渡子 (オクデラサトコ)
原作 常光徹 日本民話の会
製作 藤峰貞利 (フジミネサダトシ) 高井英幸 (タカイヒデユキ)
プロデューサー 藤田義則 (フジタヨシノリ) 瀬田一彦 (セダカズヒコ) 木村典代 (キムラノリヨ)
撮影 柴崎幸三 (シバザキコウゾウ)
美術 中澤克巳 (ナカザワカツミ)
装飾 松本良二 (マツモトリョウジ)
音楽 宇崎竜童 (ウザキリュウドウ)
音楽プロデューサー 高桑忠男
主題歌 吉田拓郎 (ヨシダタクロウ)
録音 宮本久幸 (ミヤモトヒサユキ)
音響効果 斎藤昌利 (サイトウマサトシ)
照明 上田なりゆき (ウエダナリユキ)
編集 川島章正 (カワシマアキマサ)
衣裳 高杉真実 (タカスギマサミ)
スタイリスト 宮本真理
製作担当 福島聡司 (フクシマ)
助監督 蝶野博 (チョウノヒロシ)
スクリプター 松葉勢津子
スチール 竹内健二 (タケウチケンジ)
視覚効果統括 橋本満明 (ハシモトミツアキ)
絵コンテ 橋爪謙始 (ハシヅメケンジ)
操演 岸浦秀一 (キシウラシュウイチ)
出演(声) 内山史朗 (ウチヤマシロウ)

■キャスト

俳優名 役名
豊田眞唯 (トヨダマユ)  安西弥恵
広瀬斗史輝 (ヒロセトシテル)  安西恒
笑福亭松之助 (ショウフクテイマツノスケ)  関川幸一
原田美枝子 (Mieko Harada)  国見晴美
皆川優紀 (ミナガワユウキ)  国見あゆむ
坂井英人 (サカイヒデト)  楡林周治
竹島由夏 (タケシマユカ)  保科須美子
久保孝則 (クボタカノリ)  菊池倫平
長者康之 (チョウジャヤスユキ)  米山恭一
塚田光 (ツカダヒカル)  野々井護
森安加代子 (モリヤスカヨコ)  ユキコ
春名美咲 (ハルナミサキ)  サカエ
福田亮太 (フクダリョウタ)  コウイチ
内海卓哉 (ウツミタクヤ)  ススム
小此木優也 (コビキユウヤ)  テツオ
根岸季衣 (Negishi Toshie)  周治のお母さん
綾田俊樹 (アヤタトシキ)  お医者さん
徳井優 (Yu Tokui)  消防団員
種子 (タネコ)  仲居
田村美佐子 (タムラミサコ)  仲居
嶋田豪 (シマダツヨシ)  先生
森幸太 (モリコウタ)  史人
馬場達也 (ババタツヤ)  健太郎
渋谷桃子 (シブヤモモコ)  麻子
高橋愛子  

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!