映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • CHAKA チャカ2

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京のハンバーガーショップでバイトをしていた青年・貴志は、店で起こった銃撃戦で怪我を負った“チャカ”という異名を持つヒットマン・島を助け、自殺した父親が経営していた今は廃屋となった故郷の旋盤工場の二階に彼を匿った。ところが島の傷も癒えた頃、貴志は島の行方を追う腐敗刑事・榎本から、かつて貴志の父が島の為に拳銃を密造していたことを聞かされる。父の血を引き拳銃密造に長けていた貴志にとって、それはまさに因縁の出会いであった。それから数日後、組織の深沢からの連絡で対立する中原組の組長襲撃の計画を告げられた島は、貴志に拳銃の密造を依頼する。ところが、貴志は秘かに想いを寄せていた幼なじみの透子を島に奪われたことへの嫉妬心から、拳銃に仕掛けを施すのだった。何も知らず襲撃現場に向かう島。しかし、自分の愚かさに気づいた貴志は島にそのことを告げ、島は見事幹部を射殺することに成功する。だがその直後、貴志は同窓生で父親を自殺に追い込んだ地元の組織に所属するチンピラのさとるに撲殺されてしまう。貴志の死の知らせを受けた島は、貴志父子の魂を弔うべく中原組長襲撃を深沢と決行。見事、暗殺には成功するも、自らも怪我を負って倒れるのだった…。



■解説

密造拳銃によって結ばれたヒットマンと若者の奇妙な因縁を描くアクション・ドラマのシリーズ第2弾で、昨年公開された前作の前日談的内容の作品。監督は「チャカ LONELY HITMAN」の渡辺武。山之内幸夫による同名小説を基に、「OTSUYU 怪談牡丹灯篭」の本調有香が脚色。撮影を「チャカ LONELY HITMAN」の小松原茂が担当している。主演は、「報復 REVENGE」の竹内力と「日本黒社会 LEY LINES」の益子和浩、「Dolphin Through」の遠山景織子。スーパー16ミリからのブローアップ。

  • 1999年7月3日 より

  • 配給:ビジョンスギモト
  • 製作国:日本(1999)

■スタッフ

監督 渡辺武 (ワタナベタケシ)
脚色 本調有香 (ホンチョウユカ)
原作 山之内幸夫 (ヤマノウチサチオ)
企画 瀬戸恒雄 (セトツネオ) 北條知子
企画協力 伊藤源郎 (イトウ)
製作 椙本英雄
プロデューサー 山口惠子 (ヤマグチケイコ)
撮影 小松原茂 (コマツバラシゲル)
美術 小林和美 (コバヤシカズミ)
音楽 トルステン・ラッシュ (Torsten Rasch)
録音 堀内戦治
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ)
照明 石丸隆一 (イシマル)
編集 宮島竜治 (ミヤジマリュウジ)
衣裳 松川好伸 (マツカワヨシノブ)
製作担当 平増邦秀
助監督 山本英之 (ヤマモトヒデユキ)
スクリプター 樽角みほり
スチール 畠山壽人

■キャスト

俳優名 役名
竹内力 (Riki Takeuchi)  島修
益子和浩 (マスコカズヒロ)  貴志
遠山景織子 (Toyama Kyoko)  透子
菅田俊 (Shun Sugata)  深沢
隆大介 (Daisuke Ryu)  榎本
やべきょうすけ (ヤベキョウスケ)  池田さとる
山口仁 (Hitoshi Yamaguchi)  山岸
大和武士 (ヤマトタケシ)  ハンバーガーショップ店主
小野砂織 (オマサオリ)  愛人
伊藤洋三郎 (イトウヨウザブロウ)  佐久間組組長
港雄一 (ミナトユウイチ)  中原組組長
中野裕斗 (ナカノユウト)  運転手
野崎数馬 (ノザキカズマ)  阿部
滝川なお (タキガワナオ)  中原の女房
武藤隆也 (ムトウリュウヤ)  バーのボーイ
鈴木博之 (スズキヒロユキ)  子供時代の貴志
松浦健城 (マツウラケンジョウ)  風体の悪い男
こじ郎 (コジロウ)  刑事
渡邊稔久 (ワタナベトシヒサ)  チンピラ
山之内幸夫 (ヤマノウチサチオ)  チンピラ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!