映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • YYK論争 永遠の誤解

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

800年の時を隔てて、源頼朝、源義経、常盤御前の母子が一堂に会した。初めは懐かしさで一杯の彼らの会話は、やがて雪の中を平家に追われて逃避行を続けた日のことになっていく。ところが、子供たちの命と引き替えに平清盛に手込めにされたとばかり思っていたその後の常盤御前は、意外にも清盛とのセックスにハマっていたのだった。母の告白にショックを受ける頼朝と義経。そんなの彼ら前に、更に憎き敵の大将・清盛が現れ、常盤御前とイチャつき始めたのである----。実は、これらは全て映画の撮影であった。撮影クルーは、この歴史上の人物たちの愛憎劇をたった300万の予算と3日間の撮影期間で撮り上げようとしているのだ。最初の一日の撮影を終え、二日目を迎えた撮影現場。制作主任の古川が菓子パンを万引きした店の店主が怒鳴り込んで来たり、撮影所の前に穴掘り訓練の自衛隊員が出現したり、映画作りの夢と現実のギャップに監督が泣き出したり、現場を訪れた評論家を監督が殴ったりと、トラブルが続出しながらも撮影は続いていく。----登場人物たちの話し合いは、昔話の中では清廉潔白な義経が実は奥州藤原氏を頼った際に女人と相当ヤリまくっていたことや、兄弟の間に醜い嫉妬があったことなど、世の中なんて汚いことだらけだという論争に発展していた。そして、彼らは日本人は現実を見据えて生きていかなければならないという結論に達する----。3日間の撮影は終了した。打ち上げを終えた翌早朝、常盤役の女優と近くの駅で別れた監督は、いつの間にか自分が道に敷かれた人工の雪の上を歩かされていることに気づく…。



■解説

源義経(Y)、源頼朝(Y)、平清盛(K)らが集まり、歴史の誤解と日本人の生き方を論議する様を、撮影スタジオに展開させる人間喜劇。監督・脚本は「したくて、したくて、たまらない、女。」の沖島勲。撮影を「林檎のうさぎ」の芦澤明子が担当している。主演はあさいゆきの。スーパー16ミリからのブローアップ。

  • 1999年1月16日 より

  • 配給:YYKプロダクション
  • 製作国:日本(1999)

■スタッフ

監督 沖島勲 (Isao Okishima)
脚本 沖島勲 (Isao Okishima)
製作 沖島勲 (Isao Okishima) 菊地進平 (キクチシンペイ)
撮影 芦澤明子 (アシザワアキコ)
美術 磯見俊裕 (イソミトシヒロ) 吉田悦子 (ヨシダエツコ)
音楽 村山竜二 (ムラヤマリュウジ)
録音 金子義男 (カネコヨシオ)
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ) 三谷直樹
照明 牛場賢二
編集 神谷信武
衣裳コーディネーター 鈴木康之 (スズキヤスユキ) 松本直子 (マツモトナオコ)
制作担当 倉富健 (クラトミケン) 東晃一 (ヒガシコウイチ) 日高典明 (ヒダカノリアキ)
助監督 桜田繁 (サクラダシゲル) 諸江亮 (モロエリョウ)
スクリプター 松葉摂胡
スチール 今井由佳 (イマイユカ)

■キャスト

俳優名 役名
あさいゆきの (アサイユキノ)  常盤御前
外波山文明 (トバヤマブンメイ)  映画監督
松川信 (マツカワ)  平清盛
蒲田哲 (カマタテツ)  源義経
黒澤正義 (クロサワマサヨシ)  源頼朝
室田日出男 (ムロタヒデオ)  駄菓子屋の親父
中井啓輔 (ナカイケイスケ)  カメラマン
中村元則 (ナカムラモトノリ)  滝沢
今関朱子 (イマゼキアカネ)  スチールカメラマン
古川真司 (フルカワシンジ)  古川
稲垣宏治 (イナガキコウジ)  宮下
田中克季 (タナカカツキ)  助監督
東健一郎 (ヒガシケンイチロウ)  カメラ助手
清水善三 (シミズゼンゾウ)  プロデュサー
岩尾拓志 (イワオタクジ) 
内木英二 (ウチキエイジ) 
葉月螢 (ハヅキホタル) 
岡田寛実 (オカダヒロミ) 
斎木亨子 (サイキキョウコ) 
吉野晶 (ヨシノアキラ) 
沖島富美子 (オキシマトミコ) 
今井香代子 (イマイカヨコ) 
青柿ひろし (アオガキヒロシ) 
岩尾万太郎 (イワオマンタロウ) 
日高典明 (ヒダカノリアキ) 
佐藤元一 (サトウゲンイチ) 
松葉一志 (マツバカズシ) 
松葉正次 (マツバショウジ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!