映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • フランダースの犬(1998)

    (原題:A dog of Flanders)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ネロ(ジェレミー・ジェームズ・キスナー、ジェシー・ジェイムズ)はおじいさん(ジャック・ウォーデン)と二人で牛乳配達をしながら貧しく暮していた。画家を目指していた亡き母親の血を受け、絵を描くのが好きなネロの夢は地元出身のルーベンスの絵を一目見ることだった。ある日、ネロは傷だらけになって捨てられた犬を見つける。彼はパトラッシュと名づけ、飼うことにした。兄弟のように仲良しのネロとパトラッシュは、おじいさんが仕事に出られなくなってから二人で配達に行くようになる。また、町で知り合った画家ミシェル(ジョン・ヴォイト)に才能を見出され、少年絵画コンクールに出品するよう勧められる。一方ネロは幼なじみアロア(ファレン・モネット)ども仲良しだが、小麦粉の取引で財をなした彼女の父親は二人の仲をよしとしない。そんな中、アロアの家の納屋が火事になり、ネロに放火の濡れ衣が着せられてしまう。その上おじいさんも亡くなり、家賃が払えず住む家も追われる。ネロに残された一縷の望みは絵画コンクールで優勝することだけだったが、それすら有力者の息子に奪われてしまう。失意に打ちひしがれ、雪の中を歩いていると、アロアの父親が落とした財布を拾う。アロアの家に届け、家族から感謝されるネロ。だが彼はクリスマスのもてなしを断り、吹雪の中ルーベンスの絵のある教会へ。憧れの画家の絵を前に、ネロはパトラッシュとともに絵の中の天使に迎えられるのだった。



■解説

少年ネロと愛犬パトラッシュを襲う過酷な運命を実写で描いた感動作。監督は『ガンクラッシヤー』のケビン・ブロディ。脚本は女流作家ウィーダの小説を基に、監督とロバート・シンガーが執筆。製作は「コンゴ」のフランク・ヤブランス。製作総指揮はマーク・デイモン、マーティン・バラブ、ラリー・モートルフ。撮影は「八日目」のウォルター・ヴァン・デン・エンデ。音楽はリチャード・フライトマン。編集は「サロゲート・マザー」のアンナマリア・スザント。衣裳は「シーズ・ソー・ラヴリー」のベアトリス・アルーナ・パストール。出演は「大いなる遺産」のジェレミー・ジェームズ・キスナー、「エネミー・オブ・アメリカ」のジョン・ヴォイトほか。

  • 1999年8月7日 より

  • 配給:ギャガ・コミュニケーションズ
  • 製作国:アメリカ(1998)

■スタッフ

監督 Kevin Brodie (Kevin Brodie)
脚本 Kevin Brodie (Kevin Brodie) ロバート・シンガー (Robert Singer)
エグゼクティブプロデューサー マーク・ダモン (Mark Damon) マーティン・バラブ (Martin Barab) ラリー・モートルフ (Larry Mortorff)
製作 フランク・ヤブランス (Frank Yablans)
撮影 ウォルター・ヴァンデン・エンデ (Walther van den Ende)
音楽 リチャード・フリードマン (Richard Friedman)
編集 アンナマリア・スザント (Annamaria Szanto)
衣装デザイン ベアトリス・アルナ・パスツォール (Beatrix Aruna Pasztor)

■キャスト

俳優名 役名
ジェレミー・ジェームズ・キスナー (Jeremy James Kissner)  Nello
ジェシー・ジェイムス (Jesse James)  Young Nello
ジョン・ヴォイト (Jon Voight)  Michel
ジャック・ウォーデン (Jack Warden)  Jehan
ブルース・マッギル (Bruce McGill)  William
エイドリアン・ポール (Adrian Paul)  Coges
シェリル・ラッド (Cheryl Lado)  Anna
ファレン・モネット (Farren Monet)  Aloise
小出達也 (コイデタツヤ)  ネロ
原康義   ミッシェル
阪脩 (サカオサム)  ジェハン
廣田行生 (ヒロタコウセイ)  ウィリアム
伊藤昌一 (イトウショウイチ)  コゼツ
宮寺智子 (ミヤデラトモコ)  アンナ
米丘ゆり (ヨネオカユリ)  アロア

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!