映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 腹話術は楽し

    (原題:Ventriloquist Cat)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

スパイクに怯える猫はある日どこにでも声を飛ばせる発声装置をみつけ、ゴミ箱や教会の鐘の中などとんでもないところから「ミャオミャオ」と鳴き声を出してスパイクを翻弄する。



■解説

40〜50年代のハリウッド映画で、劇映画の前にニュースや予告編と共に併映され、人気を博していたセヴン・ミニッツ・カートゥーンの鬼才テックス・エイヴリー監督による短編アニメ。スパイクと猫が織りなすドタバタの1作。57年、『トムとジェリー』のハンナ&バーベラ・コンビが『Cat's Meow』という題名でシネマスコープ版でリメイク。

  • 1999年7月31日 より

  • 配給:ユーロスペース
  • 製作国:アメリカ(1950)

■スタッフ

監督 テックス・エイヴリー (Tex Avery)
原案 リチャード・ホーガン (Rich Hogan)
製作 フレッド・クィンビー (Fred Quimby)
美術 スコット・ブラドリー (Scott Bradley)
字幕 石田泰子 (Yasuko Ishida)
アニメーション ウォルト・クリントン (Walt Clinton) マイケル・ラー (Michael Lah) グラント・シモンズ (Grant Simmons)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!