映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ジューンブライド 6月19日の花嫁

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

結婚式を間近に控えた池野千尋は、事故で記憶を失ってしまう。気がつくと千尋は前田一行と名乗る見覚えのない男の部屋に寝かされていた。千尋の手元にある自分探しの手がかりは、唯一の所持品腕時計の裏に掘られたChihiro Ikenoの文字と、それが何かはわからないが、かすかに頭に浮かぶ6月19日という日付だけ。一行が社長をしている小さなインターネット放送局に連れられていった千尋は、ホームページを何となく見ているうちに「結婚」の文字に釘付けになる。6月19日に結婚することになっていたことを思い出したのだ。徐々に明らかになっていく千尋の過去、浮かび上がる何人もの男たち、そこには眼を背けたくなるような過去の自分。それら過去と現在の彼女を取り巻く人間たちが複雑に絡み合い、ついには正体不明の何者かに命までも狙われる。彼女を助けた前田は、実は千尋の結婚相手だったのだ。そして、彼女が数度に渡って記憶を失っていること、初めて記憶を失った直前にロックシンガーでバンド仲間、そして千尋の恋人であった小山が死んでいること、そのバンドのマネージャーが実は芸能プロダクションの柴野雅美だったことなどが明らかになる。結局、千尋は過去のすべてを清算し、前田に求婚されるが拒否して、逃げてしまう。逃げた先は、以前に記憶を失って辿り着いた劇団の本公演直前だった。それも彼女が主役をやるはずだった結婚オンザロック。主宰の外村は主役に千尋を抜擢、練習を始めた。ウェディングドレスを着て舞台稽古に励む彼女に向かって、前田がマイクで再び求婚を迫り、指輪まで用意して場内に現れた。舞台はそのまま本物の結婚式となるのだった…。



■解説

事故で記憶を失った女性が、記憶を思い出していくことでおぞましい過去が明らかになっていくラブ・サスペンス。監督は「モスラ3」の大森一樹があたった。乃南アサの原作を監督が脚本に仕上げた。撮影は「生きない」の柳島克己が担当した。音楽は「アンドロメディア」の遠藤浩二。主演は「Kitchen/キッチン」の富田靖子。

  • 1998年6月13日 より

  • 配給:スタジオデルタ
  • 製作国:日本(1998)

■スタッフ

監督 大森一樹 (オオモリカズキ)
脚本 大森一樹 (オオモリカズキ)
原作 乃南アサ (ノナミアサ)
エグゼクティブプロデューサー 松下千秋 (マツシタチアキ) 野村芳樹 (ノムラヨシキ)
企画 北林由孝 久坂順一朗 (ヒサイタジュンイチロウ) 八木ヶ谷昭次 (ヤギタニショウジ)
企画協力 中川好久 (ナカガワヨシヒサ)
プロデューサー 宅間秋史 (タクマアキフミ) 保原賢一郎 田沢連二 (タザワレンジ) 椋樹弘尚 (ムクジュヒロヒサ) 阿部敏信 (アベトシノブ)
撮影 柳島克己 (ヤナギジマカツミ)
美術 山崎秀満 (ヤマザキヒデミツ)
音楽 遠藤浩二 (エンドウコウジ)
主題歌 コモドアーズ (コモドアーズ)
録音 林大輔 (ハヤシダイスケ)
照明 高屋斎 (タカヤ)
編集 池田美千子 (イケダミチコ)
衣裳 鈴木いづみ (スズキイヅミ)
助監督 片島章三 (カタシマ)

■キャスト

俳優名 役名
富田靖子 (Yasuko Tomita)  池野千尋
椎名桔平 (Kippei Shiina)  前田一行
野村宏伸 (Hironobu Nomura)  原田勝貴
保阪尚希 (ホサカナオキ)  杉崎典夫
南野陽子 (Minamino Yoko)  柴野雅美
本宮泰風 (モトミヤヤスカゼ)  小山佑介
橋龍吾 (ハシリュウゴ)  朝川隆
篠原涼子 (Shinohara Ryoko)  花田佳代子
寺脇康文 (Yasufumi Terawaki)  外村研作
PENICILLIN (ペニシリン) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!