映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 帰ってきたドラえもん

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ジャイアンにいじめられては、ドラえもんに泣きついてくるのび太。そんなのび太を見て、ドラえもんは憂鬱そう。実は、ドラえもんが未来の世界へ帰る日が迫っていたのだ。そのことを知ったのび太は、必死でドラえもんをとめようとする。しかし、ドラえもんだってのび太と別れたくない。辛い思いをするドラえもんを前に、のび太はドラえもんを気持ちよく送ってやる決心をする。最後の夜、寝つけないのび太とドラえもんは町へ散歩に出かけた。ところが、ちょっとドラえもんが離れた隙に現れたジャイアンが、のび太に喧嘩を仕掛けてきたのである。ジャイアンに散々殴られるのび太。しかし、決してのび太は負けを認めようとしなかった。負けを認めたら、ドラえもんが安心して帰れない。いつもと違うのび太に、遂にジャイアンは根負けする。そして翌朝、昨夜ののび太の勇姿を見たドラえもんは、安心して未来の世界に帰っていく。それから暫く後、ジャイアンがのび太にドラえもんを見かけたと知らせてきた。喜ぶのび太であったが、実はそれはエイプリルフールにジャイアンとスネ夫が仕組んだ嘘だったのだ。最も残酷ないたずらに憤慨するのび太。彼は、ドラえもんが残していってくれた箱から「ウソ800」を取り出した。これを飲むと、喋ったことが全て嘘になってしまうのだ。早速、ジャイアンたちに仕返しをするのび太。しかし、なんだか心が晴れない。「こんなことをしても、もうドラえもんは帰ってこないんだ」ところが、そうのび太が呟いた時、なんとドラえもんが現れたのである。「ウソ800」の効力が、二人の別れを嘘にしてしまったのだ。大好きなドラえもんを前に、のび太は叫ぶ。「ドラえもんなんか、大嫌い。ずっと一緒にいたくない!」



■解説

未来の世界に帰ることになってしまったドラえもんと、のび太の辛い別れのエピソードを描いた短編アニメーション。監督は渡辺歩。藤子不二雄(当時)による原作を、城山昇が脚色。撮影を「ザ★ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!」の熊谷正弘が担当している。声の出演に小原乃梨子。

  • 1998年3月7日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1998)

■スタッフ

監督 渡辺歩 (ワタナベアユム)
脚色 城山昇 (シロヤマノボル)
原作 藤子・F・不二雄 (フジコエフフジオ)
製作 西岡義信 (ニシオカヨシノブ)
プロデューサー 増子相二郎 (マスコ) 木村純一 (キムラジュンイチ) 梶淳 (カジ)
作画監督 渡辺歩 (ワタナベアユム)
撮影監督 熊谷正弘 (クマガイマサヒロ)
美術監督 明石聖子 (アカシセイコ)
音楽 菊池俊輔 (キクチシュンスケ)
主題歌 山野さと子 (ヤマノサトコ)
録音監督 大熊昭 (オオクマアキラ)
ミキサー 内山敬章 (Hiroaki Uchiyama)
効果 横山正和
編集 岡安肇 (オカヤスハジメ)
特殊効果 前川孝 (Takashi Maekawa)
色彩設計 照屋美和子
出演(声) 小原乃梨子 (オハラノリコ) 大山のぶ代 (オオヤマノブヨ) たてかべ和也 (タテカベカズヤ) 肝付兼太 (キモツキカネタ) 野村道子 (ノムラミチコ) 千々松幸子 (チヂマツサチコ) 中庸助 (ナカヨウスケ) 青木和代 (アオキカズヨ) よこざわけい子 (Keiko Yokozawa) 巴青子 佐藤ゆうこ (サトウユウコ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!