映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

連休を利用して、母の故郷“美土路村”にある同い年のいとこ・京子の家を訪れた少女・弓子。しかし、何故か村人は彼女を“蛇女”と呼び忌避するばかりか、占い師の家で蛇女に咬まれた彼女は、まるで蛇のように歯が鋭くなり、脱皮までしてしまうのであった。実は、それは全て京子の弓子に対する“憎しみ”の気持ちが原因だった。京子のホームページを中傷した弓子の憎しみが、やがて京子に伝播。それが、京子を蛇女へと変貌させ、弓子を襲ったのだ。弓子を飲み込み、彼女と同化しようとする蛇・京子。だが、他人を憎む心を滅した弓子の気持ちが通じ、京子は元の姿に戻り、弓子も無事帰郷することが叶う。



■解説

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ〜番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。

  • 2005年6月25日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2005)

■スタッフ

監督 井口昇 (Noboru Iguchi)
S+VFXディレクター 臼井則政 (ウスイノリマサ)
脚色 小中千昭 (コナカチアキ)
原作 楳図かずお (ウメズカズオ)
企画統括 中島進 (ナカジマススム) 森重晃 (モリシゲアキ) 吉田繁 (ヨシダシゲル) 植田文郎 (ウエダ)
企画 円谷粲 (ツブラヤ) 武内健 (タケウチケン)
製作 関雅彦 (セキマサヒコ) 中川滋弘 (ナカガワシゲヒロ) 佐藤憲夫 (サトウノリオ) 亀井修 (カメイオサム)
プロデューサー 西村大志 (ニシムラ) 今井由佳子 (イマイユカコ) 渡辺正弘 藤森匠 (フジモリタクミ) 今井朝幸 (イマイトモユキ) 小貫英樹 (オヌキヒデキ)
協力プロデューサー 溝口靖 (ミゾグチヤスシ) 坂崎美子 (サカザキヨシコ) 江上英樹 (エガミヒデキ)
撮影 喜久村徳章 (キクムラトクショウ)
美術 嵩村裕司 (Yuji Kasamura)
音楽ディレクター 中川孝 (ナカガワ)
音楽プロデューサー 中川孝 (ナカガワ)
主題歌 ルルティア (ルルティア)
録音 川田保 (カワダタモツ)
照明 才木勝 (サイキマサル)
編集 渡辺孝浩 (ワタナベタカヒロ) 不藤淳之介 (フドウジュンノスケ)
衣裳 村島恵子 (ムラシマケイコ)
ポストプロプロデューサー 小島透 (コジマトオル)
VE 堀口昌幸 (ホリグチマサユキ)
制作担当 藤原恵美子 (フジワラエミコ) 中尾和恵 (ナカオカズエ)
助監督 阿部満良 (アベミツヨシ)
スチール 竹内健二 (タケウチケンジ)
S+VFXプロデューサー 伊藤太一 (イトウタイチ)
VFXクリエーター 小林純 (コバヤシジュン) 荒木波郎
効果 船橋利一
特殊造型 原口智生 (ハラグチトモオ) 山田陽
タイトルバック 清水厚 (シミズアツシ) 王孫子

■キャスト

俳優名 役名
中村有沙 (ナカムラアリサ)  中村弓子
成海璃子 (Riko Narumi)  山川京子
鈴木理子 (スズキリコ)  山川マリ子
田中美奈子 (タナカミナコ)  京子の母
嶋田久作 (Kyusaku Shimada)  京子の父
中原翔子 (ナカハラショウコ)  蛇女
安井昌二 (Shoji Yasui)  医師
八武崎碧 (ヤブサキアオイ) 
志保 (シホ) 
井上ユカリ (イノウエユカリ) 
山川マキ (ヤマカワマキ) 
山口宏 (ヤマグチヒロシ) 
佐藤貞子 (サトウサダコ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!