映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • TAXi(1997)

    (原題:Taxi)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

フランスの港町マルセイユ。スピード狂のダニエル(サミー・ナセリ)は、恋人リリー(マリオン・コティヤール)との生活を始めるために、趣味と実益を兼ねたタクシー運転手の仕事を始める。ダニエルは改造車を猛スピードで走らせるので、警察は彼をスピード違反として呼び止めることさえできない。一方、マザコン気味の新米刑事エミリアン(フレデリック・ディーファンタル)は、8回も運転免許試験に落ち続け、何をやっても失敗ばかり。美貌の上司ペトラ(エマ・シェーベルイ)に夢中だが、全く相手にされない。そんなある日、ダニエルの初めての客カミーユ(マニュエラ・グラリー)が、エミリアンの母親だったことがきっかけで、刑事だと知らずにエミリアンを乗せたダニエルは、得意のスピード全開で車を走らせる。彼こそスピード違反常習者のタクシー運転手だと気づいたエミリアンは、ある取引を思いつく。目下署内で一番の問題になっている、ベンツに乗った銀行強盗団メルセデスを逮捕するのにダニエルの才能を借りて、見事逮捕にこぎつけたあかつきには、免許証を返すというものだ。かくしてダニエルとエミリアンはコンビを組み、メルセデス逮捕を目指す。しかし敵は手ごわく、一筋縄ではいかない。ドジなエミリアンの力では中々つかまえられなかった。だがダニエルが主動権を握ると、ことは良い方へ動き出す。メルセデスを挑発し、まんまと街中へおびき出したダニエルとエミリアンは、時速250キロの派手なカー・チェイスを繰り広げながら、マルセイユ中を駆け抜けていく。激しいデッドヒートの末、見事メルセデスを逮捕。ふたりは勲章をもらい、ペトラはエミリアンのことを見直した。そしてダニエルは警察後援のF1レーサーになるのだった。



■解説

マルセイユの街を舞台に、目も眩むようなスピード感たっぷりのカー・アクションが繰り広げられる痛快エンターテインメント。監督はレーサー出身で車のCFの名手として知られるジェラール・ピレス。製作・脚本は「フィフス・エレメント」の人気監督リュック・ベッソン。撮影はジャン=ピエール・ソヴェール。音楽はフランスを代表するヒップホップ・グループ、IAM。録音はヴァンサン・テュリ。美術はジャン=ジャック・ジェルノル。編集はヴェロニク・ランジュ。出演は「レオン」のサミー・ナセリ、「おせっかいな天使」のフレデリック・ディーファンタル、「そして僕は恋をする」のマリオン・コティヤール、これが初めての映画出演となるエマ・シェーベルイほか。

  • 1998年8月15日 より

  • 配給:コムストック
  • 製作国:フランス(1997)

■スタッフ

監督 ジェラール・ピレス (Gerard Pires)
脚本 リュック・ベッソン (Luc Besson)
製作 リュック・ベッソン (Luc Besson) ローレント・プティン (Laurent Petin)
撮影 ジャン=ピエール・ソーヴェル (Jean-Pierre Sauvaire)
美術 ジャン・ジャック・ジェルノル (Jean Jacques Gernolle)
音楽 アイエーエム (IAM)
録音 ヴィンセント・テュリ (Vincent Tulli)
編集 ヴェロニク・ランゲ (Veronique Lange)
字幕 古田由紀子 (Yukiko Furuta)

■キャスト

俳優名 役名
サミー・ナセリ (Samy Naceri)  Daniel
フレデリック・ディーファンタル (Frederic Diefenthal)  Emilien
マリオン・コティヤール (Marion Cotillard)  Lilly
エマ・シェーベルイ (Emma Sjoberg)  Petra
マニュエラ・グラリー (Manuela Gourary)  Camille
ベルナール・ファルシィ (Bernard Farcy)  Commissaire Gibert

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!