映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ターニング・ラブ

    (原題:Breaking Up)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

幸せな出会いから2年半が過ぎた写真家のスティーヴ(ラッセル・クロウ)と教師のモニカ(サルマ・ハエック)のカップルは、お互いに微妙なすれ違いを感じ始めていた。不安症のスティーヴは、セックスすればたいがいの不満は解消できるというあっけらかんとしたモニカと結婚することにどうも逡巡してしまう。ささいなことで別れ話となったふたりだが、やがて寂しさに耐えかねてどちらともなく電話してしまう。ふたりはようやく結婚を考え始め、お互いにもっと理解し合えるように努力を決意、障害も乗り越え、ふたりは徐々にお互いを受け入れていくのだった。



■解説

結婚に躊躇する恋人たちの姿を描いたラヴ・ロマンス。監督は「あなたが聞こえない」のロバート・グリーンウォルド。脚本は「心のままに」のマイケル・クリストファー。撮影はマウロ・フィオーレ。音楽はテクノグループの元ディーヴォのメンバーのマーク・マザーズボー(「ニュー・エイジ」)。出演は「L.A.コンフィデンシャル」のラッセル・クロウ、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のサルマ・ハエックほか。

  • 1998年11月7日 より

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:アメリカ(1997)

■スタッフ

監督 ロバート・グリーンウォルド (Robert Greenwald)
脚本 マイケル・クリストファー (Michael Cristofer)
エグゼクティブプロデューサー アーノン・ミルチャン (Arnon Milchan) デイヴィッド・マタロン (David Matalon)
製作 ロバート・グリーンウォルド (Robert Greenwald) ジョージ・モフリー (George Moffly)
撮影 マウロ・フィオーレ (Mauro Fiore)
美術 スザンヌ・ハインズ (Suzanne Hines)
音楽 マーク・マザースボー (Mark Mothersbaugh)
編集 スザンヌ・ハインズ (Suzanne Hines)
衣装デザイン ケリー・ジトリック (Kelly Zitrick)
字幕 岡田壯平 (Sohei Okada)

■キャスト

俳優名 役名
ラッセル・クロウ (Russell Crowe)  Steve
サルマ・ハエック (Salma Hayek)  Monica
エイブラハム・アルヴァレツ (Abraham Alvarez)  Minister

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!