映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 草原とボタン

    (原題:War of the Buttons)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

アイルランド南西部の小さな町バリーに住む子供たちは、隣町キャリックとの戦いに備え、みんな上から下まできっちり服のボタンをかけている。学校が終われば戦闘開始だ。バリーの子供たちによるバリーズは、小競り合いの末、敵の先陣ゴリラ(ポール・バット)を捕虜にした。そしてリーダーであるファーガス(グレッグ・フィッツジェラルド)の指示に従って、ゴリラの服のボタンを全部もぎ取ってしまう。ボタンこそは男の子たちの戦利品なのだ。しかし次の対決でこの不名誉を被ったのはファーガスであった。ボロボロにされた上着のせいで継父に怒られたファーガスは、ある名案を思いつく。ジェロニモ(ジョン・コフィー)率いるキャリックスが待ち受ける岩山に、バリーズは素っ裸で現れた。これならボタンは取られない。そしてマリー(エヴィーナ・ライアン)ら少女たちの加勢により、バリーズは勝利した。こうして両軍の戦闘は日々続いていく。だがある日、バリーズの面々がボート小屋を改造した基地で勝利の宴に酔っていた時、仲間外れになった少年がジェロニモをそそのかして反撃にやってきた。少年は父親のトラクターで基地を潰し、トラクターも壊れてしまう。この事件の張本人だと大人たちから思われたファーガスは、少年院行きを恐れ森に隠れた。彼と継父の険悪な関係を知っているジェロニモがそれを追ってきた。大人たちが追跡を始め、ファーガスとジェロニモは崖を登り出す。やがてジェロニモが足を滑らせた。ファーガスが彼に手を差し伸べ助けるが、ふたりはつかまってしまった。そしてファーガスは少年院送りに。しかしジェロニモも同じくそこへ送られており、ふたりは仲良くじゃれ合うのだった。



■解説

南アイルランドの美しい風景をバックに、少年たちのユーモラスな対決と爽やかな友情を描く作品。監督はこれが長編デビュー作となるジョン・ロバーツ。製作は「ミッドナイト・エクスプレス」「炎のランナー」「ミッション」など多数の国際映画祭受賞作を手掛け、映画界で高く評価されているプロデューサーのひとり、デイヴィッド・パットナム。脚本は「炎のランナー」のコリン・ウェランド。撮影は「ラウンド・ミッドナイト」のブルーノ・ドゥ・ケイゼル。音楽はレイチェル・ポートマン。美術は「クライング・ゲーム」のジム・クレイ。出演はグレッグ・フィッツジェラルド、ジョン・コフィー、エヴィーナ・ライアン、ポール・バットらオーディションで選ばれた子役のほか、「スナッパー」のコルム・ミーニー、「白馬の伝説」のリーアム・カニンガムほか。

  • 1998年1月15日 より

  • 配給:日本ヘラルド映画
  • 製作国:日本 イギリス(1995)

■スタッフ

監督 ジョン・ロバーツ (John Roberts)
脚本 コリン・ウェランド (Colin Welland)
製作 デイヴィッド・パットナム (David Puttnam) グレッグ・フィッツジェラルド (Gregg Fitzgerald)
撮影 ブルーノ・ドゥ・ケイゼル (Bruno De Keyser)
美術 ジム・クレイ (Jim Clay)
音楽 レイチェル・ポートマン (Rachel Portman)
字幕 稲田嵯裕里 (Sayuri Inada)

■キャスト

俳優名 役名
ジョン・コフィー (John Coffey)  Geronimo
エヴィーナ・ライアン (Eveanna Ryan)  Mary
ポール・バット (Paul Batt)  Gorilla
コルム・ミーニー (Colm Meaney)  Father of Geronimo
リーアム・カニンガム (Liam Cunningham) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!