映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • D#1 プロローグ・倒錯

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

世間を騒がせている連続幼女暴行殺害事件を、テレビのワイドショーはあの手この手の取材合戦をエスカレートさせて報じていた。そんな折、警察は容疑者の男の名前を公表する。自称作家の佐久間恭治という25歳の男の行方を追って大掛かりな捜査網が配備されたが、恭治はまたしてもひとりの幼女を誘拐した。その子の父親はテレビ・レポーターの桑原で、普段は突撃取材で知られる彼もこの時ばかりは我が子の身を案じて独断の行動に移る。桑原は借金に苦しむ汚職刑事・岡村に取り入り、取材費を提供するとの名目で彼の捜査に同行した。刑事と一緒に行動すれば娘の安否がいち早くわかるとの考えだったが、そんな努力も虚しく娘は殺害されてしまう。ようやく恭治は逮捕されたが、彼を捕まえた岡村はすぐに警察には連行せず、自称ブレーン・クリエイターという矢作博士のもとへ恭治を連れていった。恭治を博士の実験材料として提供する代わりに、岡村はここでも多額の報酬を受け取る。矢作は恭治の頭に電気ショックを与えるが、その衝撃で恭治の頭脳がストップしてしまった。警察に連行された恭治は精神鑑定の結果、異常性愛者と判断され、無罪となって精神病院に送られる。一方、娘を失った悲しみのあまり精神のバランスを崩していた桑原は、娘の遺体の一部を食べて逮捕され、岡村も借金苦から逃れられず一家で無理心中を図った。矢作は行き過ぎた人体実験が明るみとなり、彼らは全員マスコミに追われる結果となる。しばらくして恭治は病院を退院したが、ここにもハイエナのようなマスコミが押しかけてきた。取材攻勢から逃れようとした恭治は、その途中でトラックにはねられ死亡する。



■解説

連続幼女殺害事件のテレビ報道を通じて、マスコミの犠牲となっていった人々の姿を描いたシニカル・コメディ。監督・脚本は『怪獣の見た夢』の巽祐一郎。撮影を今井正穂が担当している。主演は田付貴彦。ビデオタイトル「幼狩 ディー・シャープ・ワン」。

  • 1997年11月22日 より

  • 配給:ポール・ギブソン・フィルムメーカーズカンパニー
  • 製作国:日本(1997)

■スタッフ

監督 巽祐一郎
脚本 巽祐一郎
企画 渡邉康弘 (ワタナベヤスヒロ) 数尾嶺子 (カズオミネコ) ポール・ギブソン (ポール・ギブソン)
製作 渡邉康弘 (ワタナベヤスヒロ) 数尾嶺子 (カズオミネコ) ポール・ギブソン (ポール・ギブソン)
プロデューサー 巽祐一郎
撮影 今井正穂
美術 東和明
音楽 佐藤天平
録音 谷村彰治
照明 工藤和雄 (クドウカズオ) 工藤和雄 (クドウカズオ)
編集 巽祐一郎
助監督 旭正嗣 (アサヒマサツグ)
製作協力 万代博実
その他

■キャスト

俳優名 役名
田付貴彦 (Takahiko Tatsuke)  佐久間恭治
趙方豪 (チョウバンホウ)  桑原伸一
大鷹明良 (オオタカアキラ)  岡村穣
でんでん (Denden)  矢作敏人
余貴美子 (Kimiko Yo)  CHIKA
大杉漣 (Ren Osugi)  鬼頭優二

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!