映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ライフ・イズ・スウィート

    (原題:Life is Sweet)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ウェンディ(アリソン・ステッドマン)はロンドン郊外に住む普通の主婦。いつか自分の店を持つことを夢見る夫アンディ(ジム・ブロードベント)はレストランのシェフ。双子の娘の姉ナタリー(クレア・スキナー)は、ちっとも女の子らしくはないが、しっかり者の配管工。妹のニコラ(ジェーン・ホロックス)は拒食症で無職、世間を拒絶し、ボーイフレンド(デイヴィッド・シューリス)と変態的なセックスをし、攻撃的な性格でありながら家に閉じこもりっきりのトラブルメーカー。ウェンディはオーブリー(ティモシー・スポール)の店を手伝いながら、壊れそうな家族をユーモアと寛容さでたくましく助けていく。ある時、ニコラは精神が錯乱し、家の中で大暴れしてしまう。さすがのウェンディもヘトヘト。ようやく落ち着いたニコラを、ナタリーが慰めるのだった。



■解説

俳優とのディスカッションでキャラクターを創造していくという独自の演出で知られる「秘密と嘘」のマイク・リー監督の91年作品。日本ではユーモアがイギリス的すぎてわかりにくいといった理由で、映画祭など特別上映のみだったが、ようやく劇場公開された。監督・脚本はリー。製作はサイモン・チャニング=ウィリアムズ。撮影はディック・ポープ。音楽はレイチェル・ポートマン。出演はマイク・リー夫人でもあるアリソン・ステッドマン、「リチャード三世」のジム・ブロードベント、ジェーン・ホロックス、「ネイキッド」のクレア・スキナー、「秘密と嘘」のティモシー・スポール、「ドラゴンハート」のデイヴィッド・シューリス、「マイケル・コリンズ」のスティーヴン・レイほか。91年タオルミナ映画祭グランプリ及び出演者全員への最優秀演技賞、91年全米映画批評家協会賞最優秀作品賞、主演女優賞、助演女優賞、91年LA映画批評家協会賞助演女優賞を受賞。

  • 1997年5月24日 より

  • 配給:KUZUIエンタープライズ
  • 製作国:イギリス(1991)

■スタッフ

監督 マイク・リー (Mike Leigh)
脚本 マイク・リー (Mike Leigh)
製作 サイモン・チャニング=ウィリアムズ (Simon Channing-Williams)
撮影 ディック・ポープ (Dick Pope)
美術 アリソン・チッティ (Alison Chitty)
音楽 レイチェル・ポートマン (Rachel Portman)
編集 ジョン・グレゴリー (Jon Gregory)
衣装デザイン アンソニー・ブラック (Anthony Black)
字幕 菊地浩司 (Koji Kikuchi)

■キャスト

俳優名 役名
アリソン・ステッドマン (Alison Steadman)  Wendy
ジム・ブロードベント (Jim Broadbent)  Andy
ジェーン・ホロックス (Jane Horrocks)  Nicola
クレア・スキナー (Claire Skinner)  Natalie
ティモシー・スポール (Timothy Spall)  Aubrey
デイヴィッド・シューリス (David Thewlis)  Nicola's Lover
スティーヴン・レイ (Stephen Rea)  Andy's Freiend

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!