映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記

    (原題:Barb Wire)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

西暦2017年、第2次南北戦争下のアメリカ。クラブのオーナーであり賞金稼ぎでもあるバーブ・ワイヤー(パメラ・アンダーソン・リー)は、指令により誘拐された少女を助けだした。その頃、悪徳大佐プライザー(スティーヴン・レイルズバック)は、コーラD(ヴィクトリア・ロウエル)とアクセル(テムエラ・モリソン)がもらうことになっている網膜レンズを手に入れるために、二人を追っていた。彼らはバーブに助けを求める。バーブは元恋人であったアクセルを無視するが、彼女の弟チャーリー(ジャック・ノーズワーシー)がレジスタンスに引き合わせる。やがてプライザーはバーブの店を無茶苦茶にする。現在、網膜レンズはチャーリーが持っていた。プライザーはチャーリーを殺し、バーブを罠にはめようとする。バーブの怒りは頂点に達し、プライザー一味を全滅させてしまう。



■解説

セクシーでタフなヒロインが活躍する近未来アクション。監督はミュージック・ビデオの演出家出身であるデイヴィッド・ホーガン。製作は「マスク」「タイムコップ」のマイク・リチャードソンほか。製作総指揮はピーター・ヘラー。脚本は原案のイレーヌ・チェイケン自身と、チャック・ファーラー。撮影はリック・ボタ。音楽は「黒豹のバラード」のミシェル・コロンビエ。音楽監修はバークリー・K・グリッグス。美術はジャン・フィリップ・カープ。編集はピーター・シンク。衣装はロザンナ・ノートン。出演は『プレイボーイ』誌の表紙を史上最多の6回も飾った「硝子のバラ」のパメラ・アンダーソン・リー、「D.N.A」のテムエラ・モリソン、「ジム・キャリーはMrダマー」のヴィクトリア・ロウエル、「奇跡の海」のウド・キアー、スティーヴン・レイルズバックほか。

  • 1997年1月11日 より

  • 配給:日本ヘラルド映画
  • 製作国:アメリカ(1997)

■スタッフ

監督 デイヴィッド・ホーガン (David Hogan)
脚本 イレーヌ・チェイケン (Ilene Chaiken) チャック・ファーラー (Chuck Pfarrer)
原案 イレーヌ・チェイケン (Ilene Chaiken)
エグゼクティブプロデューサー ピーター・ヘラー (Peter Heller)
製作 マイク・リチャードソン (Mike Richardson) トッド・モイヤー (Todd Moyer) バード・ウィマン (Bard Wyman)
撮影 リック・ボタ (Rick Bota)
美術 ジャン・フィリップ・カープ (Jean Philippe Carp)
音楽 ミシェル・コロンビエ (Michel Colombier)
音楽監修 バーキリー・ケイ・グリッグス (Barklie K.Griggs)
編集 ピーター・シンク (Peter Schink)
衣装デザイン ロザンナ・ノートン (Rosanna Norton)
字幕 栗原とみ子 (Tomiko Kurihara)

■キャスト

俳優名 役名
パメラ・アンダーソン (Pamela Andaerson)  Barb Wire
テムエラ・モリソン (Temuera Morrison)  Axel
ヴィクトリア・ロウウェル (Victoria Rowell)  Cora D
ジャック・ノースワーシー (Jack Noseworthy)  Charlie
ザンダー・バークレー (Xander Berkeley)  Willis
スティーヴン・レイルズバッグ (Steven Railsback)  Pruzer
ウド・キアー (Udo Kier)  Curly
ロージー・ブラウン (Rosey Brown)  Big Fatso

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!