映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ナッシング・パーソナル

    (原題:Nothing Personal)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1975年、ベルファスト。プロテスタント地区のパブで爆弾テロがある。リアム(ジョン・リンチ)はカトリックだが、その救助活動を手伝う。彼は娘キャスリーン(ジェニ・コートニー)と息子リアム・ジュニア(キアラン・フィツジェラルド)のいる男やもめの普通の市民だ。折しもIRAとロイヤリストが休戦協定を結ぼうとしており、指導者たちは穏便に済ませようとするが、ロイヤリスト側の実行部隊のケニー(ジェイムズ・フレイン)とジンジャー(イアン・ハート)は納得がいかず、指導者のレナード(マイケル・ガンボン)の命令を無視して勝手にIRA側のメンバーを射殺、それは街頭での両派の衝突騒ぎに発展し、バスが焼き討ちされる。リアムは巻き込まれて負傷する。彼を助けたのはケニーの妻アン(マリア・ドイル・ケネディ)だった。ケニーのテロ活動で夫婦は崩壊しており、アンとリアムは互いにひかれ合う。一方キャスリーンは父を探してプロテスタント地区に入る。レナードはケニーに、じき停戦が合意され、そうしたらジンジャーのような過激な男は危険だと語る。上層部に幻滅したケニーとジンジャーは深夜の町でリアムを捕らえ、IRAのスパイだと言って拷問する。ケニーとリアムは実は幼なじみだった。二人だけになったとき、彼はリアムに「個人的な恨みはなにもないんだ」と言う。ケニーの尽力でリアムは解放されることになり、一同はカトリック地区との境界まで彼を連れていく。そこにちょうどキャスリーンと、仲良しの少年マイケル(ガレス・オヘア)がきていた。父子は再会を喜ぶが、マイケルがケニーたちに銃を向ける。興奮したジンジャーも銃を抜く。キャスリーンは必死でマイケルを止めようとするがその銃が暴発、彼女は死ぬ。虚脱感に襲われるケニーたち。夜明けとともに、レナードの依頼をうけた英正規軍が彼らを包囲する。彼らは絶望的な反抗を試みて全員射殺された。墓地でキャスリーンが埋葬された。同じ日に、ケニーの葬儀も行われていた。再会したリアムとアンは、最愛の者を失ったどうし、いたわり合うようにお互いを抱きしめた。



■解説

テロによる事実上の内戦状態が何十年も続く北アイルランド。これまではアイルランド/カトリック側のIRAの側にばかり焦点が当てられてきたこの紛争を、逆にプロテスタント/ユニオニスト(英国領であることを望む人々)のテロリストの側から描いた一編。監督は『12月の花嫁』(NHKでテレビ放映)のサディアス・オサリヴァンで、正式な日本公開は本作が初めて。製作は「白馬の伝説」のジョナサン・カヴェンディッシュと「巨人と青年」のトレイシー・シーウォード。製作総指揮は『12月の花嫁』「白馬の伝説」のジェームズ・ミッチェル。原作は劇作家・小説家のダニエル・モーニンで、脚本も自ら執筆。撮影は「秘密と嘘」のマイク・リー監督との長年のコンビで知られるディック・ポープ。音楽はフィリップ・アプルビー、美術はマーク・ゲラハティー、編集はマイケル・パーカーがそれぞれ担当。衣裳は『12月の花嫁』「フィオナの海」のアイルランドを代表する映画衣裳デザイナー、コンソラータ・ボイル。出演は「大地と自由」のイアン・ハート、「キャル」「フィオナの海」のジョン・リンチ、「永遠の愛に生きて」のジェイムズ・フレイン、「フィオナの海」で注目された子役ジェニ・コートニー、「コミットメンツ」のマリア・ドイル・ケネディ、「白馬の伝説」のルーアリー・コンロイ、そして「ジキル&ハイド」などアイルランド映画/演劇を代表する名優マイケル・ガンボン。ヴェネチア映画祭助演男優賞(イアン・ハート)受賞。

  • 1997年2月1日 より

  • 配給:クレストインターナショナル=シネカノン(クレストインターナショナル=シネカノン=イメージファクトリー・アイエム提供)
  • 製作国:アイルランド イギリス(1995)

■スタッフ

監督 サディアス・オサリヴァン (Thaddeus O'Sullivan)
脚本 ダニエル・モーニン (Daniel Mornin)
原作 ダニエル・モーニン (Daniel Mornin)
エグゼクティブプロデューサー ジェームズ・ミッチェル (James Mitchell)
製作 ジョナサン・カヴェンディッシュ (Jonathan Cavendish) トレイシー・シーウォード (Tracey Seaward)
撮影 ディック・ポープ (Dick Pope)
美術 マーク・ゲラティー (Mark Geraghty)
音楽 フィリップ・アプルビー (Philip Appleby)
編集 マイケル・パーカー (Michael Parker)
衣装デザイン コンソラータ・ボイル (Consolata Boyle)
字幕 進藤照光 (Terumitsu Shindo)

■キャスト

俳優名 役名
イアン・ハート (Ian Hart)  Ginger
ジョン・リンチ (John Lynch)  Liam
ジェニ・コートニー (Jeni Courtney)  Kathleen
マリア・ドイル・ケネディ (Maria Doyle Kennedy)  Ann
ゲイリー・リンドン (Gary Lydon)  Eddie
ルーアリー・コンロイ (Ruaidhri Conroy)  Tommy
マイケル・ガンボン (Michael Gambon)  Leonard
ジェラード・マクソーレイ (Gerard MsSorley)  Cecil
ガレス・オヘア (Gareth O'hare)  Michael
チャーラン・フィッツジェラルド (Ciaran Fitzgerald)  Young Liam
キャシー・ホワイト (Cathy White)  Lizzie

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!