映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • グリマーマン

    (原題:The Glimmer Man)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

カップルを襲い、十字架にかけられたキリストを模して犠牲者を壁に磔刑にするという連続猟奇殺人事件が、L.A.市民を恐怖に陥れていた。犯罪心理に関する知識と刑事としての力量を買われてN.Y.から赴任したコール(スティーヴン・セガール)は、L.A.市警の殺人課刑事ジム・キャンベル(キーナン・アイヴォリー・ウェイアンズ)と組んで事件に当たる。捜査は難航し、殺人現場で彼が見たものは、磔刑にされた前妻と現在の夫の姿だった。しかも、現場にはコールの指紋が残されていた。コールとジムは連続殺人犯を検挙するが、コールの元妻ともう一件の事件だけは男の仕業ではないようだった。もう一件の事件の被害者は、全身が白血病に蝕まれていた。捜査を進めるうち、ジムはコールがかつてグリマーマンと呼ばれ、ベトナムをはじめ各地で活動していた特殊工作員であったことを知る。やがて、コールの元上司ミスター・スミス(ブライアン・コックス)が街の顔役ドナルド(ジョン・M・ジャクソン)と組んで、ロシアから流出した核兵器を密輸していた事実が明らかになった。敵はドナルドの用心棒フランク(ボブ・ガントン)を使って連続殺人に見せかけ、邪魔なコールに殺人の濡れ衣を着せようとしたのだ。コールとジムは度重なる敵の妨害に抵抗。スミスを脅し、ドナルドとフランクが仲間割れするよう仕向けた。ドナルドを殺したフランクと対峙したコールは、壮絶な肉弾戦の末に相手を倒した。



■解説

猟奇連続殺人事件に端を発した陰謀に挑む刑事の活躍を描いたアクション映画。「暴走特急」「エグゼクティブ デシジョン」のスティーヴン・セガールが自身の原点である刑事アクションに久々に復帰し、生身の肉体を駆使した豪快な立ち回りを演じている。監督は「ケイティ」のジョン・グレイ。脚本は、これが初めての映画となるケヴィン・ブロドビン。製作総指揮は「ボディ・ターゲット」のマイケル・ラシュミル、撮影は「ベビーシッター」のリック・ボタ、音楽はロックグループ、イエスに在籍した「フェア・ゲーム」のトレヴァー・ラビン、美術は「フリントストーン モダン石器時代」のウィリアム・サンデル、編集は「がんばれ!ルーキー」のドン・キャンバーンが担当。共演は『ダーティ・シェイム』(V)のキーナン・アイヴォリー・ウェイアンズ、「ショーシャンクの空に」のボブ・ガントン、「ブレイブハート」のブライアン・コックス、「遙かなる大地へ」のミッシェル・ジョンソン、「パーフェクト・ワールド」のジョン・M・ジャクソン、「恋はデジャ・ブ」のスティーヴン・トロボウスキーほか。

  • 1997年1月18日 より

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:アメリカ(1996)

■スタッフ

監督 ジョン・グレイ (John Gray)
脚本 ケヴィン・ブロドビン (Kevin Brodbin)
エグゼクティブプロデューサー マイケル・ラクミル (Michael Rachmil)
製作 スティーヴン・セガール (Steven Seagal) ジュリアス・R・ナッソー (Julius R. Nasso)
撮影 リック・ボタ (Rick Bota)
美術 ウィリアム・サンデル (William Sandell)
音楽 トレヴァー・ラビン (Trevor Rabin)
編集 ドン・キャンバーン (Donn Cambern)
字幕 林完治 (Kanji Hayashi)

■キャスト

俳優名 役名
スティーヴン・セガール (Steven Seagal)  Jack Cole
キーナン・アイヴォリー・ウェイアンズ (Keene Ivory Wayans)  Jim Campbell
ボブ・ガントン (Bob Gunton)  Frank Deverell
ブライアン・コックス (Brian Cox)  Mr.Smith
John M. Jackson (John M. Jackson)  Donald
スティーブン・トボロウスキー (Stephen Tobolowsky)  Donald Cunningham
ミッチェル・ジョンソン (Michelle Johnson)  Jessica

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!