映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 決断の3時10分

    (原題:3:10 to Yuma)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

広々としたアリゾナ荒原−−そこを行く駅馬車が今日も襲われた。襲ったのはウェード(グレン・フォード)一味。彼らは家畜の群を使って駅馬車を止め兇行を働くのが常だった。折しもこの光景を目撃したのは貧乏牧場主のダン(ヴィン・ヘフリン)であった。しかもかの家畜が兇行に使われていた。だが悪漢一味に手出しはできない。ダンの一家にはもっと切実な問題が控えていた。旱魃のため大事な家畜が死に瀕している。ウェード一味はビスビイに到着していた。一方ウェードは酒場の女エミイ(フェリシア・ファー)に一目でひかれた。そのころ保安官はダンと出会い、ウェードが駅馬車強盗の首領であることを知った。彼はまずダンを町にやってウェードと話合わせ、そのすきに難なく逮捕した。が、牢獄のあるユマまでウェードを護送するには、彼の子分たちの眼を逃れなければならない。そこで保安官の代りにダンともう1人が護送の役目を買って出た。2人はまずウェードを町まで連行、ホテルの1室に監禁した。この町の停車場からユマ行の汽車が出るのは3時10分、発車までまだ2時間もあった。いらいらするダン。しかもその間にウェードの子分プリンスが仲間を集めてダンの前に現れた。ダンは襲ったらウェードの命はないと一味に警告した。ウェードはまた逃がしてくれたら1万ドルやろうという。その上、妻がここへ訪ねてきて、危険なこの仕事から手を引いてくれと哀願する。さすがのダンもこれには動揺した。が、仲間がプリンスに殺されるやダンの心は決まった。ダンはウェードの背に拳銃を擬しつつ遂に汽車に乗せることに成功した。ユマへの列車が速度を増すころ大粒の雨が降り出した。ダンの顔に喜びの笑みが浮んだ。



■解説

エルモア・レナードの原作をハルステッド・ウェルズが脚色、「襲われた幌馬車」のデルマー・デイヴスが監督した異色西部劇。撮影監督は「夜の乗合自動車」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は作曲が「ピクニック」のジョージ・ダニング、指揮を「女ひとり」のモリス・W・ストロフがとった。主演は、「辺境の掠奪者」のグレン・フォード。「愛欲と戦場」のヴァン・ヘフリン、「襲われた幌馬車」のフェリシア・ファー。

  • 1957年9月28日 より

  • 配給:コロムビア
  • 製作国:アメリカ(1957)

■スタッフ

監督 デルマー・デイヴィス (Delmer Daves)
脚本 ハルステッド・ウェルズ (Halsted Welles)
原作 エルモア・レナード (Elmore Leonard)
製作 デイヴィッド・ヘイルウェイル (David Heilweil)
撮影 チャールズ・ロートン・Jr (Charles Lawton Jr.)
ネッド・ワシントン (Ned Washington) ジョージ・ダニング (George Duning) Frankie Laine (Frankie Laine)
作曲 ジョージ・ダニング (George Duning)
指揮 モリス・W・ストロフ (Morris W. Stoloff)

■キャスト

俳優名 役名
グレン・フォード (Glenn Ford)  Ben_Wade
ヴァン・ヘフリン (Van Heflin)  Dan_Evans
フェリシア・ファー (Felicia Farr)  Emmy
レオラ・ダナ (Leora Dana)  Alice Evans
ヘンリー・ジョーンズ (Henry Jones)  Alex Portter

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!